【炎上】日大アメフト傷害事件で監督ウソ確定 / 保身のため学生を悪人にしようとした監督とコーチの腐れ根性に怒りの声

【炎上】日大アメフト傷害事件で監督ウソ確定 / 保身のため学生を悪人にしようとした監督とコーチの腐れ根性に怒りの声

  • バズプラスニュース
  • 更新日:2018/05/26
No image

日本大学と関西学院大のアメフト試合で、日大の宮川泰介選手(20歳)が、関西学院大の選手に傷害事件ともいえる悪質な反則をした事件で、宮川泰介選手が記者会見で真実を語った。その後、日大の内田正人前監督(62歳)と井上奨コーチ(30歳)も記者会見を開き、そのなかで衝撃的な展開があった。

・「そんな指示はしていない」とコメント
宮川泰介選手は、内田正人前監督と井上奨コーチの指示で反則行為をしたと激白していたが、内田正人前監督と井上奨コーチはそれを完全否定。まるで宮川泰介選手が嘘をついているかのごとく「そんな指示はしていない」とコメントしていた。

・「反則は監督とコーチの指示だった」と認定
しかしながらその後、関東学生連盟規律委員会が「反則は監督とコーチの指示だった」と認定する方針を固めた。つまり、宮川泰介選手は内田正人前監督と井上奨コーチが指示したために反則行為をしたと断定されたのである。

・悪人に仕立て上げようと企んでいた
よって、内田正人前監督と井上奨コーチが保身のために嘘をつき、宮川泰介選手ひとりを悪人に仕立て上げようと企んでいたともいえるのだ。ふたりの嘘に世間の人たちガチギレ激怒。30歳と62歳の大人が、20歳の学生を陥れようとしたのだから当然である。

・地獄のような日々が訪れる
本来ならば、前途有望な学生をより良い道に導かなくてはならない指導者が、保身のために学生を陥れようとしていた事実。今後、内田正人前監督と井上奨コーチには地獄のような日々が訪れるのは間違いないとも言われている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岡本よ“半端ない”選手になれ 巨人・由伸監督が飛躍期待
原辰徳ら大物OBが苦言! ここがヘンだよ「由伸巨人&金本阪神」
W杯のコロンビア戦で一発退場した選手がヤクルト・山田哲人に激似と話題 / ネットの声「見れば見るほど山田哲人」
中田翔らパ・リーグ6選手が“インクレディブル”で声優初挑戦! 柳田悠岐はスーパーパワーで「二刀流したい!」
北海道日本ハム・斎藤佑樹が“定期的に先発”できるワケ......「入団時に交わされた密約」とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加