初めての彼女と初デート...行ってよかった場所9パターン

初めての彼女と初デート...行ってよかった場所9パターン

  • オトメスゴレン
  • 更新日:2017/12/05
No image

初めての彼女と初デート…行ってよかった場所9パターン

生まれて初めて付き合った彼女と「人生初のデート」となれば、行き先に悩むのも当然というもの。なかなか決められない場合は、経験者の声に耳を傾けるといいかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身男性174名に聞いたアンケートを参考に「いま思うと選んで正解だった『初カノを初デートに誘った場所』」をご紹介します。

【1】彼女が行きたいと何度も口にしていた「有名テーマパーク」

「ベタすぎるかなと思ったけど、やはり鉄板デートスポット。楽しめました!」(10代男性)というように、女の子に人気の遊園地を選べば、まず失敗することはなさそうです。快適に過ごす方法や美味しい食事などを事前に調べておくと、気遣いが伝わるかもしれません。

【2】きれいな夜景を眺めながら楽しんだ「ベイエリア」

「とくに海辺のドライブは喜んでもらえたみたい」(20代男性)というように、景色や雰囲気が抜群の湾岸エリアは、初デートにピッタリかもしれません。行き当たりばったりではなく、眺めのいいレストランやカップル向けのイベントなど目的を決めておくと、充実したデートになりそうです。

【3】お話ししながら散歩した「大きな公園」

「彼女がお弁当をつくってきてくれた! おかげでラブラブにすごせました」(10代男性)というように、公園でのんびり過ごすだけで楽しめたという人も。念のため、雨宿りや休憩に使えるカフェを近くに探しておくと、いざというときに段取りの良さをアピールできそうです。

【4】時間を気にせず語り合った「近所のファミレス」

「ゆっくり話をする環境としては最高」(10代男性)というように、長居できるレストランで親睦を深めたカップルもいます。会える時間が限られていても、話したいことがたくさんあるときなどに選ぶといいでしょう。

【5】鑑賞後に感想を話すのも楽しい「映画館」

「彼女との会話が続かなくても平気だし、共通の話題ができた」(20代男性)というように、トークに自信がなければ映画に誘うのも手でしょう。ただし、上映時間などを事前に調べておかないと、待ち時間をつぶすのに苦労したりしてしまうかもしれません。

【6】パンダ好きな彼女といった「動物園」

「行列で大変だったけど、いろんな動物を見れたし、それなりに楽しめた」(30代男性)というように、「彼女の好きな動物を見ること」を目的に掲げて初デートに臨んだ人もいるようです。こじつけでもいいので「○○を見る」「○○を聞く」などのテーマがあると、動物園以外でも盛り上がれるでしょう。

【7】小さい頃からの思い出が詰まっている「地元の町」

「彼女にとっては新鮮な場所だし、子どものころの話なんかもできて、いい時間を過ごせた」(20代男性)というように、自分のことを知ってほしくて生まれ故郷を案内したという人もいます。思い出の場所だけでなく、地元の人だからこそ知っているグルメや名所を教えてあげるといいでしょう。

【8】二人とも大好きなアーティストの「ライブ」

「一緒に飛んだり跳ねたりした。アフターはカラオケ!」(20代男性)というように、初デートでライブに行けば、意気投合する可能性は高まりそうです。ただし、同じくらい思い入れがないと「ファンとしての温度差」をお互いに感じてしまうかもしれません。

【9】なんとなくデートの口実にしやすかった「初詣」

「下心を感じさせないからかOKしてもらえた!」(30代男性)というように、二人きりでも警戒されにくい「初詣」を最初の場所に選んだ人もいます。お正月のタイミングを逃しても、「俺、今年まだ初詣に行ってないんだ」と前置きすれば不審がられずに付き合ってもらえるかもしれません。

あれこれ行き先を考えるよりも、女の子が行きたい場所に連れていけば喜んでもらえるでしょう。沈黙が怖いという人は、話のネタがたくさん見つかるところを探すといいかもしれません。(外山武史)【調査概要】期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで対象:合計174名(10代、20代、30代の独身男性)地域:全国方法:インターネット調査

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
勝負するならコレ!男が“ドキッとする”下着&“ガン萎えする”下着
女性とのLINEにおいて、ありがちな「男の勘違い」8パターン
彼の本命になる“聞き上手テク”5選 この子と話していると楽しい!
キュンときた...!男がドキッとしちゃう女子の”恥らう”姿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加