有村架純、『ナラタージュ』で釜山国際映画祭に初参加!レッドカーペットに登場

有村架純、『ナラタージュ』で釜山国際映画祭に初参加!レッドカーペットに登場

  • クランクイン!
  • 更新日:2017/10/13
No image

『ナラタージュ』から有村架純、行定勲監督が参加 第22回釜山国際映画祭 (C)2017「ナラタージュ」製作委員会<画像をもっとみる>

韓国・釜山で12日から開幕した第22回釜山国際映画祭に、『ナラタージュ』が「Gala Presentation部門」で正式招待され、有村架純行定勲監督が開幕式のレッドカーペットとオープニングセレモニーに出席した。有村は国際映画祭に初参加となる。

【関連】『ナラタージュ』フォトギャラリー

現在公開中の『ナラタージュ』は、2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝いた島本理生による禁断の純愛物語を、嵐の松本潤主演、ヒロインに有村架純、恋愛映画の名手・行定勲監督がメガホンを取り映画化した作品。

高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されない究極の恋に身を投じる大人のための恋愛映画。許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山役を演じるのは、松本潤。葉山を全身全霊で愛する工藤泉役を、有村架純が扮する。

有村は13日に行われる公式上映にも参加する。第22回釜山国際映画祭は10月21日まで開催。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAP3人の映画製作発表で注目される“過去の功績”とは
忘れらんねえよライブ中に太賀、中村蒼、矢本悠馬が乱入し大合唱
劇場公開への“ハードル”が高すぎる元SMAPメンバーの映画
橋本環奈、サインボールに「ムロツヨシ」 意外なたくましさに周囲も感心
10月17日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加