ハムのトンキン&マルティネスは上々、楽天は苦戦...パ外国人診断

ハムのトンキン&マルティネスは上々、楽天は苦戦...パ外国人診断

  • フルカウント
  • 更新日:2018/04/17
No image

日本ハムのニック・マルティネス【写真:荒川祐史】

各球団が5カード消化、西武が好スタート切ったパ・リーグの助っ人の成績は?

プロ野球は15日、各地でデーゲーム6試合を行った。3月30日の開幕戦から2週間半が経過し、各球団5カードを消化。これにより、リーグ内での対戦が一巡した。

パ・リーグは昨季リーグ2位だった西武が開幕から8連勝をマークしてスタートダッシュに成功。14試合を終えて11勝3敗の貯金8としている。昨季日本一のソフトバンクは本調子とはいかないまでも、7勝5敗の貯金2で西武と3ゲーム差の2位につけている。

昨季最下位のロッテは13試合を終えて7勝6敗の貯金1で3位にいる。波に乗れないのが、オリックスと楽天の2球団。オリックスは4勝9敗1分の借金5、楽天は12球団最速で10敗に達し、4勝10敗1分の借金6となっている。

スタートダッシュに成功したチーム、失敗したチーム、それぞれ2018年のスタートを切ったわけだが、チームの浮沈を左右する各球団の助っ人たちは、この2週間半でどんな成績を残したのか。ここではパ・リーグ6球団の助っ人たちの開幕5カードの働きを診断してみよう。

◯1位:西武(11勝3敗)
ニール・ワグナー投手
4試合0勝0敗0ホールド0セーブ 防御率8.10

ファビオ・カスティーヨ投手
2試合1勝1敗0ホールド0セーブ 防御率4.22

ブライアン・ウルフ投手
3試合1勝1敗0ホールド0セーブ 防御率6.57

エルネスト・メヒア内野手
10試合29打数5安打0本塁打1打点 打率.172

1軍出場なし
郭俊麟投手

開幕8連勝の好スタートを切った西武。新助っ人のカスティーヨは初先発で1失点と好投し初勝利をマーク。2度目の先発では4回4失点で降板したものの、その能力は高いものを感じさせ、期待できる。ワグナーは7、8日のオリックス戦で2戦連続で失点し、不安を残している。ウルフは15日の楽天戦で1死しか取れず7安打8失点の大炎上。おまけに右腕の異変を訴えて降板してしまい、その状態が気がかり。メヒアも打率.172とバットが湿った状態が続いている。

ロッテは上々のスタートも助っ人は…

◯2位:ソフトバンク(7勝5敗)
リバン・モイネロ投手
6試合1勝0敗1ホールド0セーブ 防御率10.80

リック・バンデンハーク投手
2試合1勝1敗0ホールド0セーブ 防御率3.00

デニス・サファテ投手
6試合1勝0敗0ホールド5セーブ  防御率3.00

アルフレド・デスパイネ外野手
12試合45打数9安打3本塁打6打点 打率.200

1軍出場なし
ロベルト・スアレス投手、ユリスベル・グラシアル内野手

昨季と1軍に名を連ねる助っ人の顔ぶれは変わらないソフトバンクだが、まだまだ本調子ではないというところだろう。守護神のサファテは既に5セーブを挙げており不安はないが、セットアッパーのモイネロが防御率10.80。バンデンハークもここまでの2試合は球数がかさみ、何とか6回を投げ抜いているという印象だ。デスパイネは開幕直後は不振だったが、徐々に復調の気配が見えてきている。

○3位:ロッテ(7勝6敗)
マイク・ボルシンガー投手
2試合1勝1敗0ホールド0セーブ 防御率2.84

タナー・シェッパーズ投手
8試合0勝0敗4ホールド1セーブ 防御率5.87

チェン・グァンユウ投手
1試合0勝1敗0ホールド0セーブ 防御率13.50

1軍出場なし
エドガー・オルモス投手、マット・ドミンゲス内野手、フランシスコ・ペゲーロ外野手

井口新監督の下、まずまずのスタートを切ったロッテ。だが、助っ人に関して言えば、1軍の戦力となっているのがボルシンガー、シェッパーズの2人だけと物足りないと言わざるを得ない。ボルシンガーは先発で1勝、防御率2.84とまずまず。セットアッパーのシェッパーズは8試合のうち半分の4試合で失点しており、不安が残る。ドミンゲスはイースタンリーグトップの4本塁打を放っている。

日本ハムは投手2人が奮闘、最下位の楽天は…

◯4位:日本ハム(7勝7敗)
マイケル・トンキン投手
6試合1勝0敗2ホールド2セーブ 防御率0.00

ニック・マルティネス投手
3試合1勝2敗0ホールド0セーブ 防御率1.96

オズワルド・アルシア外野手
11試合34打数9安打0本塁打4打点 打率.265

ブランドン・レアード内野手
14試合53打数12安打3本塁打8打点 打率.226

ブライアン・ロドリゲス投手
1試合0勝1敗0ホールド0セーブ 防御率30.86

大谷翔平や増井浩俊らがチームを離れ、世代交代の時を迎えている日本ハム。新たにチームに加わった助っ人のうち、トンキンとマルティネスの両投手はきっちりと戦力になっている。トンキンはセットアッパーとして自責点0、マルティネスも味方の援護には恵まれていないが、防御率1.96と安定した投球を見せている。アルシア、レアードの助っ人砲2人の働きはまだ物足りない。開幕投手を務めたロドリゲスは2軍でも結果を残せていない。

◯5位:オリックス(4勝9敗1分)
アンドリュー・アルバース投手
2試合1勝0敗0ホールド0セーブ 防御率2.45

ブランドン・ディクソン投手
2試合0勝1敗0ホールド0セーブ 防御率2.25

ステフェン・ロメロ外野手
14試合50打数10安打1本塁打3打点 打率.200

クリス・マレーロ内野手
13試合45打数9安打5本塁打13打点 打率.200

助っ人は投打で対照的な成績になっている。アルバース、ディクソンはともに先発ローテに入り、防御率2点台前半と上々の投球を見せている。だが、ロメロ、マレーロを含む打線が爆発力に乏しく、なかなか援護できていない。ロメロは打率2割、1本塁打にとどまり、マレーロもリーグトップの5本塁打を放っているが、打率2割と精度を欠く。打線の軸である2人の復調は、チームの浮上に不可欠である。

◯6位:楽天(4勝10敗1分)
フランク・ハーマン投手
6試合0勝1敗4ホールド0セーブ 防御率5.40

ゼラス・ウィーラー内野手
15試合56打数15安打0本塁打1打点 打率.268

ジャフェット・アマダー内野手
15試合44打数10安打1本塁打5打点 打率.227

カルロス・ペゲーロ外野手
13試合54打数11安打3本塁打11打点 打率.204

1軍出場なし
宋家豪投手、ジョシュ・コラレス投手、オコエ・ディクソン外野手

昨季と1軍に並ぶ助っ人勢の顔ぶれは変わらない。深刻なのはウィーラーの状態だろう。打率は.268ながら、15試合が終わって本塁打ゼロ、打点もわずかに1。得点圏打率が.000となっており、チャンスに打てない。ペゲーロ、アマダーも状態はイマイチで、苦しいチーム状況がうかがえる。ハーマンも失点する試合が多くなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
久保康友 米独立リーグの球団と合意 阪神、DeNAなどでプレー
鷹・今宮が難病の高校球児へバット 「サインはしない」の言葉に込めた思い
大谷 メジャー流チェンジアップ攻めに3三振
大谷翔平に“雑なアドバイス”、谷亮子の無責任発言に批判噴出
ソフトBドラ2高橋礼22日ハム戦初登板初先発 新人サブマリンに千賀代役託す!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加