イラン、意外にもW杯“死の組”入りを大歓迎!? 指揮官もポジティブ。その理由は?

イラン、意外にもW杯“死の組”入りを大歓迎!? 指揮官もポジティブ。その理由は?

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/12/06
No image

イラン代表【写真:Getty Images】

ロシアの首都モスクワにあるコンサートホール・クレムリンパレスで現地時間1日、2018年に開催されるロシアW杯のグループリーグ組み合わせ抽選会が行われた。この結果、イランはスペイン、ポルトガル、モロッコと同組のグループBに入っている。“死の組”とも考えられるグループだが、意外とイランはポジティブに受け止めているようだ。6日にイランメディア『テヘラン・タイムズ』が報じている。

スペイン代表は2010年W杯で優勝し、ポルトガル代表はEURO2016で初優勝。モロッコ代表も侮れないチームだ。ドイツやメキシコ、スウェーデンや韓国が入ったグループFを“死の組”と考えるところもあれば、イラン紙のようにスペインが入ったグループBをそう考えるメディアもある。

ポーランドやセネガル、コロンビアと同組のグループHに入った日本代表に比べれば、グループBは極めて突破が難しい組と言えるだろう。しかし、同紙はタイトルに「イランはW杯抽選会の結果に感謝する必要がある」とつけて報じた。

同紙によれば、イランを率いるカルロス・ケイロス監督は、この抽選会の結果を受けて「本当にレベルアップするチャンス」だと考えているようだ。その理由として「4度出場して決勝トーナメント進出を果たしたことがないイランにとって厳しいグループであることに間違いない。しかし、このグループは将来のために役に立つ」と、ポジティプに捉えている。

結果的に日本がグループBやグループFを回避できたことは、決勝トーナメント進出に向けて朗報と言えるだろう。しかし一方で、普段対戦することがない強豪国と戦う「絶好の機会を得た」と受け止めるイランのようなチームも存在する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ペイトリオッツがAFC東地区優勝、スティーラーズに競り勝つ
結束を示す「21」。ケヴィン・デ・ブルイネ、魂の一撃
家長昭博が見たリーガ「乾と柴崎はチームからの信頼感じた」「クラシコはサッカーの枠を超越した一戦」
優勝候補スペイン、W杯出場権はく奪!? FIFAから警告も会長は自信
フランス代表エースがSNSで炎上 バスケ選手に扮した写真に「差別的」と批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加