テレ東で名脇役6人が"おじさんだらけのテラスハウス" - 1月新ドラマ

テレ東で名脇役6人が"おじさんだらけのテラスハウス" - 1月新ドラマ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

俳優の遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人が、テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(2017年1月13日スタート 毎週金曜24:12~)に出演することが30日、わかった。

No image

左から遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研

同作は、日本映画界を支える名バイプレイヤー6人が、本人役としてシェアハウスで共同生活を送るという設定のドラマ。メイン監督、脚本は映画『アズミ・ハルコは行方不明』の公開を控える松居大悟が務める。海外の有名監督から「役作りで絆を深めるために、3カ月間共同生活を送ってほしい」と言われた6人が"おじさんだらけのテラスハウス"を開始。朝食の献立で喧嘩になったりしながらも、和気藹々と暮らしていく。

遠藤は「それぞれ共演したことはあっても一堂に揃うのは初めて」とメンバーについて語り、「先輩の大杉さんを中心にいいチームになると思います」と期待を寄せた。大杉は「日本のオジサン俳優の底力をお見せできる作品になるよう励みたいと思います」と意気込み、田口は「『死ぬまでに実現したい! でも無理なのかな……?』と思っていた夢の共演!」と楽しさを隠しきれない様子でコメントを寄せた。

一方、寺島は「6人で集まるのは久しぶり。非常に楽しみにしています」、松重は「待ち時間に健康や老後について語り合うのが楽しみです」とシンプルな一言で、渋い様子をみせた。光石は「10数年前、このお仲間に入れていただき、それぞれの出演映画をかけていただく上映会がありました」ときっかけを明かし、「55歳のこの歳で、物凄い刺激になります!」と撮影への気持ちを表した。

松井は「もうなるようになれ! 大暴れしてもらおう!」と心情を吐露しつつ、「そのための地図を、迷ったら尖るタイプのスタッフ陣で、今まさに描いています」と状況を語る。プロデューサー陣も「おじさん達が右往左往する姿に癒されていただけたら」「破壊力強めの"ゆるシブコメディ"」と作品をアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ワンピース】フィギュアをコマ撮りした『ルフィ vs ミホーク』がまるで映画! 圧倒的な迫力
風俗でくも膜下出血、「くも漫。」場面写真解禁
【動画あり】世界限定24台! 3億円の美しきモンスターマシン「アストンマーティン・ヴァルカン」の走りを見よ!!
「君の名は。」「聲の形」など3作品がもたらした経済効果とは 地銀シンクタンク調査
『銀魂』実写ビジュアルは「ほぼ完璧」原作ファンから異例の高評価!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加