中村憲剛、決定機モノにできず悔やむ「あれが決まっていれば流れを持って来れた」

中村憲剛、決定機モノにできず悔やむ「あれが決まっていれば流れを持って来れた」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/14
No image

川崎フロンターレの中村憲剛【写真:Getty Images】

AFCチャンピオンズリーグ2018 Fグループの初戦が13日に行われ、川崎フロンターレは上海上港に0-1で敗れた。

「あれが決まっていれば流れをこっちに持って来れた」

中村憲剛がこう振り返ったのは、前半に訪れた自身の決定機の場面だ。33分、大島僚太のパスからエウシーニョが右クロスを送る。これに走り込んだ中村が頭で狙ったが、GKのファインセーブに阻まれゴールを奪うことはできなかった。背番号14は「あのヘディングを決められなかったのはチームに申し訳なかったと思う」と述べた。

フッキ、オスカル、エウケソンと個人能力の高いアタッカーを擁する上海上港を相手に1失点こそ喫したが、中村は手応えを口にしている。

「スカウティングを見ていても桁違いの破壊力というか、一人でなぎ倒せる人間もいるし、それをうまく使える選手もいる。いくつか決定機は作られたけど、それでも概ねこっちのペースでやれていたと思う。得点してから向こうが多少ペースダウンして守備的にやってきたところはあるけど、それでも決定機は作れているので」

初戦を落とす結果となったが、何もできずに敗れ去ったわけではない。川崎Fの象徴は「負けたのでいいことは一つもないけど」と言ってこう続けた。

「このグループをこのサッカーで突破していくという自信は、上海上港とやってまた掴めているところはある」

今後へ向けて光を見出せるゲームとなった上海上港戦を無駄にしないためにも、コンディションを整えて次戦に臨みたいところだ。

(取材・文:青木務)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浦和 開幕戦へ“堀のカーテン”強化、お得意FC東京に油断なし
[新人戦]大津の1年生MF樋口が九州決勝で先制弾!地元・宮崎開催の大会で計3発
【一問一答】渡部暁斗「はっきり言って展開としては最悪」
男子バレー清水、右前十字靱帯を損傷で全治12カ月 復帰は未定
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加