巨人 10試合ぶり先制直後に2死無走者から逆転許す

巨人 10試合ぶり先制直後に2死無走者から逆転許す

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/18
No image

3回、DeNA・宮崎敏郎に適時打を浴びた巨人・山口俊(右)に声をかける巨人・小林誠司=ハードオフエコスタジアム新潟(撮影・棚橋慶太)

「DeNA-巨人」(17日、ハードオフエコスタジアム新潟)

巨人が10試合ぶりに先取点を奪った直後、すぐに逆転を許した。

三回、2死。先発の山口俊が大和に中前打を浴び、流れが一変した。筒香を歩かせて一、二塁とピンチが広がり、ロペスには初球を仕留められて左前適時打で同点。宮崎には2ボールから右前適時打を打たれ、勝ち越し点を献上した。

三回の攻撃ではゲレーロが左翼席へ2号ソロ。先制して主導権を握ったかと思われたが、あっさり流れを明け渡した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本ハム清宮が2試合ぶり先発出場 斎藤佑樹も先発 ファーム楽天戦
日本ハム 大勝ムード一転...球団初8点差逆転負け リリーフ陣崩壊
鷹・今宮が難病の高校球児へバット 「サインはしない」の言葉に込めた思い
プロ転向表明の川内優輝「現状打破に矛盾。自分は『現状維持』だった」【一問一答1】
日本ハム栗山監督 球団初8点差逆転負けの屈辱「俺の責任」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加