【ビデオ】一家に一台。650馬力の自家用戦車「Ripsaw EV2」ならどんな悪路も走破します

【ビデオ】一家に一台。650馬力の自家用戦車「Ripsaw EV2」ならどんな悪路も走破します

  • autoblog
  • 更新日:2018/02/17

男子たるもの、乗り込んで動くメカが大好きなのは万国共通です。電車、バス、飛行機といった公共交通機関から、なかなか手にするのは難しいかもしれないポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニといった高級スポーツカーまで。一方、高級スポーツカーとはデザイン的に対極にありながら非常に格好良く、やはりほとんどの人には乗る機会のない乗り物もあります。そう、戦車です。

ところが、アメリカには誰でも手軽に(と言ってもちょっとお高いですが)購入できる戦車があります。

『TRANSLOGIC』ホスト役のジョナサン・バックレーは、この自家用戦車「Ripsaw EV2」の乗り心地を試すため開発チームのハウ&ハウ・テクノロジーズを訪ねました。

No image

助手席(?)に乗り込んだバックレーは、どんな悪路も走破するその高い機動性に加えてストロークの長いサスペンションによる予想外の乗り心地を楽しんでいます。

ちなみに、ディスカバリー・チャンネルの番組「Black Ops Brothers」でも活躍した双子のハウ兄弟は、もともと米軍関係の技術的な仕事を請け負っていました。また2017年に話題となった日米巨大ロボット対決ではMegaBotの足回りの開発も担当していました。

No image

動画の尺は9分弱。日本語字幕(機械翻訳)が表示されます。音声をオンにすると字幕が外れますが、CCをクリックして日本語を選択すれば再び表示されます。

■元記事

https://www.autoblog.com/2017/05/11/video-ripsaw-luxury-supertank-translogic-218/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
すごいデザインだ...... 光岡自動車から新型オープンカー「ヒミコ」登場、461万円から
税理士に頼まず確定申告、数年後に突然、税務調査で多額追徴課税!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加