【秋華賞】ファンディーナ 勝負の高野師「今度は中身が違う」

【秋華賞】ファンディーナ 勝負の高野師「今度は中身が違う」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/13

ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、秋華賞に出走するファンディーナを管理する高野師を直撃した。

No image

ファンディーナで秋華賞に挑む高野師

――ファンディーナの前走(ローズS6着)は皐月賞(7着)以来、約5カ月ぶりの競馬。

高野師 はい。間は空いていたけど、皐月賞よりもむしろ雰囲気は良く感じました。

――22キロ増の526キロでしたが太め残りではなかった?

成長分もあったので太いというより、中身の問題だと思いました。正直、多少急仕上げの感は否めなかったですから…。

――夏バテとしたと聞きました。その復調に手間取った?

そうですね。夏バテもあったし、元々が大きくて弱い部分もある馬なので、ローズSも間に合うかどうか?という感じがありました。

――つまり、ギリギリ間に合った?

ギリギリというか、帰厩してからはとにかく元気は元気でした。だから十分にレースになると思って使ったのですが…。

――今週の最終追い切りは動いた。叩いての上積みが見込める?

1週前が軽過ぎたので心配したし、体重的には前走とそう大きく絞れた感じではありません。でも今度は中身が全く違います。

――皐月賞では牡馬相手に1番人気に推され、見せ場をつくった馬。

春先に少々使い詰め(1月デビューで皐月賞が4戦目)になったせいで皐月賞の時はうっすらとアバラも浮く感じで、必ずしもベストといえる状態ではなかったかもしれません。それでも見せ場をつくったのは立派。改めて走る馬だと思いました。

――牝馬同士ならフラワーCを持ったまま2着に5馬身差をつけて圧勝するほどの馬。

相手関係もあるので何とも言えないけど、走らない馬にできる芸当でないのは確かだと思います。

――デビュー以来5戦、全て1番人気に支持されているようにファンの期待も大きい馬です。

そうですね。人気先行と言われないように、牝馬同士なら、たとえG1でもしっかりと勝ち負けしてほしいところです!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴さんの近影が話題、マッチョな体型に
立憲民主、なぜ勢い?=希望と一線「筋通した」の声【17衆院選】
蒼井優、自身の顔は「ほどほどの顔」と分析 “美人”評価の風潮に「苦手」
銀座のど真ん中で「カート」事故 観光の韓国人男性
頑張って「待て」をする子柴ちゃん。気合が入りすぎてしまい → かわいすぎる反応を...(* ́艸`*)!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加