『モンテ・クリスト伯』稲森いずみが実の子の前で犯されかけるAV展開......米朝首脳会談中止の速報がかぶる奇跡も

『モンテ・クリスト伯』稲森いずみが実の子の前で犯されかけるAV展開......米朝首脳会談中止の速報がかぶる奇跡も

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2018/05/26
No image

『岩窟王』の名で知られる名作を現代の日本を舞台に焼き直したドラマ『モンテ・クリスト伯 ─華麗なる復讐─』(フジテレビ系)。無実の罪で投獄させられ、復讐の鬼と化したモンテ・クリスト・真海(紫門暖)をディーン・フジオカが演じる。壮絶なシーンの連発となった第6話は前回より0.7ポイントアップの6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。1話完結でないために脱落者も多いようだが、ハマっている人は抜け出せなくなるドロ沼ドラマなので、気になっている人は多いのだろう。潜在視聴率は高そうだ。

(前回までのレビューはこちらから)

■江田の両親殺害に関与していた南条

人気俳優・南条幸男(大倉忠義・関ジャニ∞)は、売れない香港時代、大物俳優だったショーン・リー(原作でのアリ・パシャに相当)の付き人をしていた。

そのショーンは13年前に失踪しているのだが、香港マフィア「ヴァンパ」が殺害したとの報道が出る。これは恐らく真海が流した情報だが、実は南条は当時ヴァンパと関わりがあり、ショーン失踪(殺害)にも噛んでいる。これによりヴァンパは身内の南条が情報を売ったと疑い、動き出す。怯える南条と、利用しようとする神楽清(新井浩文)。

国有地取得をめぐって、自分の不動産会社と対立する五蓉グループのCMを引き受けた南条を敵視し始めている神楽は、この弱みを利用して南条を落とし、国有地をゲットしようと目論む。ちなみに、2人とも15年前に友人の紫門暖(真海)の成功を妬み、嘘の情報を警察に流し、暖が異国の地に投獄されるきっかけを作った「裏切り者」仲間。復讐すべき相手同士を憎ませ合うのは真海の常套手段。

早くもやってきたヴァンパのメンバーから脅され、さらに神楽がこの件について嗅ぎ回っていることを知る南条。後日、神楽の元に乗り込み、これ以上首を突っ込むなと釘を刺すが、これにより神楽は南条が噛んでいることを確信する。

ちなみに、南条は、当時いなくなったショーンの代役に抜擢され、その作品をきっかけに売れっ子俳優になっているのだが、その作品のキメ台詞が「これが俺の復讐だ」というらしく、皮肉が効いている。

今回も、意味ありげな台詞や細かい見せ方は凝っているのだが、番組ラストにヴァンパが南条宅に集団で押しかけた際、「常識が通用しない連中」として怯えていたはずの南条なのに、警備の一人も雇っていないばかりか、妻・すみれ(山本美月)に普通に玄関を開けさせるなど、少々違和感も感じた。

ショーンがヴァンパに殺された時に現場にいて、生き延びたショーンの娘が、南条のマネジャー(のフリ)をしている江田(桜井ユキ)であることが今回発覚。南条を恨み、真海に協力する理由が見えてきた。南条の妻で、真海のかつての妻でもあるすみれに「もうすぐで父と母にいい報告ができそうなので楽しみです」と意味深に微笑むが、すみれに対して復讐相手の妻であると同時に、今は真海に対する恋敵として見ている部分もある。

その真海が「いよいよ始まるね、君の復讐が」と言ってマッチを擦り、江田のタバコに火をつけ、「南条幸男の全てを奪ってやろう、彼の命さえも」といってその火を消す→オープニング、という流れはおディーン様ファンはたまらなかったはず。

ちなみに今回も「すみれが真海を暖だと気付いている匂わせ」は多く、かつて暖からもらった貝殻の指輪を眺めたり、暖の母親の墓参りをしてたり、「私が助けなきゃいけなかったのに、助けられなかった人」とも言っている。もはや匂わせというか、絶対気づいているが。

■「化学反応を楽しむ」真海

真海は、当時の香港警察の捜査資料や独自で手に入れた資料を神楽にちらつかせるも、「友達を売ることはできません」と言いつつ渡さない。もちろん自分をかつて「売った」神楽への皮肉。そして、この「餌」がきかっけで大事件が起こる。

南条を落とすため、ひいては国有地取得のため、喉が出るほどその資料が欲しい神楽は、地元の先輩件チンピラ(一応地上げ屋)の寺角(渋川清彦)に、真海宅に侵入し資料を写真に撮ってきてほしいと持ちかける。

15年前、輝いていた暖に嫉妬していた南条と神楽を焚きつけたのは寺角だが、浅はかな小悪党といった感じの寺角は、ズル賢い神楽にいいように使われた挙句、今もうだつが上がっていない。金に困っている寺角は二つ返事で引き受ける。

このやりとりも盗聴器で把握している真海は「化学反応を楽しんでみよう」とターゲットを泳がせて楽しんでいる。家の前をうろつく寺角を不審がる秘書に「私の客だ、丁重に知らないふりをしておいてくれ」と余裕も見せるが、かつて自分の母から土地を奪い、餓死に追いこんだ寺角のことを「人殺し」としっかり恨んでいる。

その寺角は、かつての刑務所仲間・安藤完治(葉山奨之)が神楽の妻・留美(稲森いずみ)を「ハメ込んでる」のを知り、脅しつつ真海邸侵入を持ちかける。しかし「バカとは組まない」と断られる不憫な寺角。誰からもバカにされ、それにどこか慣れっこになっている寺角。安藤に「俺はお前の大先輩だからな」とヘラヘラ言い返していたが、15年前にも神楽相手に同じことを言っており、うまいことやってのし上がっている周囲に対し、いい意味でも悪い意味でも全く変わってない(変われない)寺角の悲しさ。それを渋川清彦(元・KEE)が飄々と演じている。

結局、ヤミ金の取り立てに耐えられなくなった安藤は寺角と真海邸に侵入するのだが、このヤミ金会社(F&Dファイナンス)も真海とつながっている様子。

■犯行現場で三つ巴のAV展開

真海は、安藤が盗みや詐欺の前科がある人物で、青年実業家として紹介してしまったことを留美に詫びる。もちろん全て知って行っていたのだが、さらに真海は安藤が捨て子であることを意味深に告げ、留美はそれがかつて埋めたはずの自分の不義の子であることを悟る。真海は、安藤と体の関係を持つ留美を絶望させようと目論んでいたのだが、実の子が生きていたことを知った留美は涙を流し喜んだ。もちろん真の理由は真海には告げていないし、かといって真海も聞かなくてもわかっている。思惑だらけのドラマ。

さらに真海は、安藤がさらに悪事をしようとしていることを告げる。

そして、わざと留守にされた真海邸にまんまと寺角・安藤が侵入している最中、留美が安藤を止めようと現れる。

「サツにでも突き出すか? 俺に惚れたあんたが勝手に貢いだだけだろ? 腐ったババアを抱いてやったんだから感謝しろよ?」

フルスロットルで本性を剥き出しにする安藤。しかし、菩薩と化した留美は「安藤君のこと私が守ってあげる」と、お構いなしに安藤を全肯定。

かねてより大根疑惑のあった安藤役の葉山は不安定な芝居もありながらも、クズっぷりを好演しており、その大根ぶりはいい人に見せるための「演技のために演技」であったとみて間違いないが、演技に力が入りすぎて、侵入している男とは思えないほどの絶叫演技。これは演出の問題だが、さすがに状況無視しすぎで少し笑ってしまった。

ここで寺角が留美を背後から殴りつけ、犯そうとしだす地獄展開。この辺のシーンはまんまAVの前半部分を見させられているかのようだし、しかも全員ずっと大声で、もうはちゃめちゃ。

結局、留美を守ろうとした安藤は寺角を刺してしまう。動揺する安藤に「こういう時は、埋めればいいんだよ……」と指示をする経験者・留美さん。もちろん、22年前に自らが赤子(現・安藤)を埋めたことを踏まえての発言だが、まだ安藤は留美が自分の母だとは知らない。深夜に死体(瀕死)を埋めるために庭を掘る母と子。AVの次はホラーだ。

95パーセント埋まったままの虫の息の寺角に、母親を殺された恨みを吐きつつ、自分の正体を明かす真海。

「俺は柴門暖だ」

真海の人影を感じ途中で逃げた2人にかわり、最後まで土をかけ埋め終わった真海がつぶやく。

「これでまず一人」

■留美の覚醒

翌日、アザだらけの顔で「私は私の人生生きることにしたの」と神楽に金をせびる留美は完全に覚醒したようで、その変貌ぶりはかつての鬼束ちひろのようだし、顔だけ見てると劉邦の時代の武将・黥布のよう。

議員への賄賂をバラすと脅す留美の変貌ぶりに神楽が驚きつつ「お前、死ぬぞ?」と言い、それに対し「貴方もね」と留美がカウンターで言い返した最高のタイミングで「米朝首脳会談をトランプがキャンセル」のニュース速報が鳴り響く。最高なのか最悪なのか、どっちにしろ笑った。そしたら、画面の留美も声をあげて笑っており、個人的ミラクル。「久しぶりだね、私の顔ちゃーんと見てくれたの」と喜ぶ留美を呆然と見つめる神楽もよかった。

経緯は違うものの、寺角が安藤に殺されるのは原作通り。だが原作では留美(エルミーヌ)はここまで倒錯したキャラではなく、ドラマにはいない娘のユージェニーのキャラが混ぜられていると思われる。

さらに、前回発覚した毒盛り殺人鬼である入間瑛理奈(山口紗弥加)の悪魔っぷりは今回も見え隠れしており、

「未蘭(岸井ゆきの)お姉ちゃんに好きな人ができちゃったみたいだから準備をいろいろ急がなきゃなって」

「これからどういう風にお料理しようかなって」

「ママね、瑛人のためにこれからどうやってお料理しようかしらって考えている時が一番幸せなの」

殺人のことを、例えながらとはいえ、幼い実の子にうれしそうに語るクレイジーぶりがすごかった。

最近は、内容が盛りだくさんすぎてわかる人にはたまらないが、半端に見ている人には複雑すぎる展開になってきている。ぜひ多くの人に見ていただきたいドラマだ。

(文=どらまっ子HARUちゃん)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『報道ステーション』の大阪地震報道が大炎上 配慮のないインタビュー、最後は政権批判の材料に...
『水曜日のダウンタウン』“ジョジョの鉄塔”放送内容変更の裏に「過激ロケ警察沙汰」
「半分、青い。」68話。秋風の視点が漫画家というより脚本家である件
AKB48総選挙、視聴率低迷で指摘された「原因はあのヤル気なし男」
フジテレビが“業界タブー”破り......CMとの融合ドラマに関係者困惑中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加