意外と知らない「Googleアプリ」使いこなしの基本ワザ

意外と知らない「Googleアプリ」使いこなしの基本ワザ

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/18

インターネットの検索エンジンとして、世界中で利用されているGoogle。実は自社のアプリ開発にも力を入れている。超定番から意外と知らないアプリ、Android端末のユニーク機能まで、便利な技をご紹介。iOSの『iPhone』でもダウンロードできます!

【 YouTube 】

No image

●動画の速度を変えて語学学習&時短に!

「YouTube」を語学学習や情報収集に活用している人に便利なのが、再生速度の変更機能。ネイティブのスピードが速すぎて聞き取れない場合でも、ゆっくり再生できる。逆に、長時間のコンテンツは速く再生することで、時間を短縮。2倍速でも意外と聞き取れるものが多い。

No image

再生速度を変えるには、右上のボタンをタップ。

No image

メニュー画面から「再生速度」を選択する。

No image

0.25倍速から2倍速まで、7段階から設定可能。

【 Chrome 】

No image

●QRコードを読み取れる

ブラウザーアプリの「Chrome」にはQRコードをスキャンする機能がある。使い方は、アドレスバーをタップして、キーボードのボタンを選択するだけ。読み取りからWebページの表示までひとつのアプリで完結する。QRコードの読み取りアプリを入れる必要がない。

No image

アドレスバー(URLが表示されている場所)をタップする。

No image

仮想キーボードの上にQRコードのボタンが表示されるのでタップ。

No image

カメラが起動する。QRコードにかざせば、URLに変換される。

【 Google Keep 】

No image

●撮影した文書をテキスト化

「Google Keep」はメモアプリ。テキストや写真、気になるWebページなどを保存し、パソコンなどと共有できる。一般的なメモアプリにはない「OCR」機能が超便利! カメラで撮影した文書などから、文字を読み取ってテキストデータにしてくれるのだ。その精度はなかなか高い。

No image

「Google Keep」からカメラを起動して文書を撮影する。

No image

右上のメニューボタンをタップ、「画像のテキストを抽出」を選択。

No image

テキストデータに変換された。そのままメールなどで送信可能。

【 Google 翻訳 】

No image

●オフラインでも翻訳可!

103の言語間の翻訳が可能な「Google 翻訳」は、海外旅行でも心強いアプリ。テキストの翻訳機能は、実はオフラインでも使用できる。英語や日本語などのデータはあらかじめインストールされているが、オフラインで使用したいなら、それ以外の言語も端末にダウンロードしておこう。

No image

「設定」から「オフライン翻訳」を選択。右上の「+」をタップ。

No image

ダウンロードできる言語の一覧が表示されるので選択する。

No image

ファイルの容量を確認して「ダウンロード」をタップすればOK。

【 Googleカレンダー 】

No image

●スキマ時間を活用する

スケジュールやタスク管理に使われる「Googleカレンダー」には、「運動」や「スキルアップ」など、ゴールを達成するための機能がある。例えば、週に3回走るなど目標を入れるとカレンダーが適切な時間を見つけ、目標達成の手伝いをしてくれる。空き時間の活用に役立つ。

No image

新規作成(「+」ボタン)から、「ゴール」をタップする。

No image

「運動」「スキルアップ」などジャンルから目的を選択する。

No image

内容を選択。続けて、頻度や1回当たりの時間を設定する。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
360度ビデオをスマホで簡単編集できる無料アプリ「VeeR Editor」
2018年のカレンダーを作る!無料でダウンロードできるサイトを紹介
LINEに「送信取消」が追加 「まさかの悪巧み」をする人が続出
【激怒】LINEの「誤送信取り消し機能」が全く使えないと判明! それじゃ意味ねえだろうがよォォオオオ!!
iOS 11.2.1リリース!LINEに「送信取消機能」登場!など今週の話題を一気読みッ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加