松山英樹「何もかもだめだった」19年初戦は51位

松山英樹「何もかもだめだった」19年初戦は51位

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/01/14
No image

1番でティーショットを放つ松山(撮影・松末守司)

<米男子ゴルフ:ソニー・オープン>◇最終日◇13日(日本時間14日)◇米ハワイ州・ワイアラエCC◇7044ヤード(パー70)◇賞金総額600万ドル(約6億6000万円)優勝賞金108万ドル(約1億1900万円)

18位から出た松山英樹(26=LEXUS)は、2バーディー、5ボギーの73と振るわず、通算6アンダー、274の51位で19年初戦を終えた。

パットで苦しみ、出だしの1番から連続ボギー。7、8番でもボギーをたたき、後半も盛り返せず、順位を落とした。27位から出た今平周吾は33位だった。稲森佑貴は64位、星野陸也は67位。マット・クーチャー(米国)が通算22アンダーで今季2勝目、ツアー通算9勝目を挙げた。

◇   ◇   ◇

上位を視界にとらえて最終日を迎えた松山が、パットに苦しみ失速した。前日は18位まで浮上し「トップ10も狙える位置にいる」と意欲を見せていたが、5ボギーで自滅。19年の初戦を良い形で終えられず「自分の問題。何もかもがだめだった」と悔しさをにじませた。

スタートのつまずきで流れを失った。1番で3パットすると2番でも1メートル強のパーパットを外して痛恨の連続ボギー。勢いをつけるはずの前半でチャンスをつぶし、上位進出を逃した。大会中、グリーンの硬さに戸惑う選手も多かったが「パッティングがなかなかアジャストできなかったので、その結果ショットにも影響があった。それを立て直すくらいの状況ならスコアを伸ばせるが、まだそこまでのレベルにはいっていない」と言い訳はしなかった。

過去5度の出場で予選通過は2度だけ。苦手なコースを克服できなかったものの次戦、米サンディエゴで行われる24日開幕のファーマーズ・インシュアランス・オープンに向けて手ごたえをつかんだのも確か。「今週良いところもあったので、これを1週間しっかりつくり上げたい」と前を向いた。【松末守司】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
〝ゴルフの殿堂〟入りプレーヤー発表 中嶋常幸、森口祐子ら4氏
タイガー・ウッズ、世界トップ10とのグルーピングに 松山英樹と小平智は予選同組
“米ツアー初上陸”を果たすチェ・ホソンの独特スイング ローリー・マキロイの意見はやや辛口??
リッキー・ファウラーがテーラーメイドと契約 新ボールで2019年に挑む
『AON』で一時代!中嶋、プレーヤー部門で殿堂入り「信じられない気持ち」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加