ジャガー、2040年以降を見据えた完全自動運転車のコンセプトを発表

ジャガー、2040年以降を見据えた完全自動運転車のコンセプトを発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

ジャガー・ランドローバーは、2040年以降の未来のモビリティを示唆するバーチャル・コンセプト・モデル「FUTUREタイプ」を発表した。

完全自動運転が可能な「FUTUREタイプ」は、車を所有するのではなく、自ら走行する車を共有するという未来の形を提示したもの。「FUTUREタイプ」のインタフェースを介して、仕事、家庭、またはレジャーなどの用途に応じて、多岐にわたるデジタル領域にアクセスでき、欲しい情報を呼び出して、不要な情報を遮断することが可能だという。

この中核を担う、ステアリング・ホイール「Sayer」は、音声で作動する人工知能(AI)を備え、何百ものタスクを処理することができる。また、車両を呼び出し、音楽をかけ、レストランを予約し、さらには冷蔵庫の中身までを把握することも可能だという。

なお、自動運転機能を備えながらも、自分で運転することも選択可能で、従来通りの運転する楽しさを体感できるものだとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
情報通信の利活用に後ろ向きなのは国民性が原因か
現代っ子がゲームボーイをプレイしようとするとこうなるムービーが面白い
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで90%以上オフも! 完全ワイヤレスイヤホンやトラベルポーチ8点セットがお買い得に
なぜ渋谷区は学校教育にWi-Fiではなく携帯電話回線を選んだのか?
iPhone XなどQi搭載スマホ使えるワイヤレス充電機
  • このエントリーをはてなブックマークに追加