イタリア代表のW杯予選敗退を欧州各国も大きく報道。独紙「我々にとっては朗報だ」

イタリア代表のW杯予選敗退を欧州各国も大きく報道。独紙「我々にとっては朗報だ」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/14
No image

イタリア代表【写真:Getty Images】

欧州各国は60年ぶりにW杯出場を逃したイタリア代表を大きく報じている。

現地時間13日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ・セカンドレグでイタリア代表はスウェーデン代表と対戦した。試合は0-0の引き分けに終わり2試合合計0-1でイタリアは敗れ、1958年以来となるW杯出場権を逃した。

独紙『ビルト』は「W杯にとっては良くないことだが、我々にとっては朗報だ」との見出しで優勝候補に挙がるはずだったイタリア代表が出場しない事を喜んでいる。また『エキスプレス』では「イタリア国家斉唱の時、スウェーデンまで歌声が聞こえるのではないかと思うくらいの大音量でイタリア人は歌っていた。しかし試合後は選手とファンは悲しみの涙を流していた」とギャップの大きさを伝えている。

英紙『デイリー・メール』は「60年ぶりにW杯出場を逃しブッフォンと彼の同僚たちは悲しみの涙」と報じれば、『サン』では「なんてこった…イタリア代表1958年以来のW杯出場ならず」との見出しでこれまで4度の世界王者に輝いたイタリアはこの夏自宅でW杯を観戦しなければならなくなったと伝えている。

伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は「0-0でアッズーリW杯進出逃す」とまさかのW杯予選敗退を伝え、『トゥットスポルト』では「ミラノのサン・シーロスタジアムでジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督率いるイタリア代表がスウェーデンの抵抗の前に屈した」と報じた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元イングランド代表MFの息子が“70ヤード弾” 衝撃の一撃に称賛「ベッカムを再現した」
伊藤達哉、無念の前半途中交代...。酒井高徳は69分まで。HSV、好調シャルケに敗戦
ユベントス、遅すぎた目覚め。伏兵に敗れて今季2敗目。首位ナポリと勝ち点4差に
香川真司、ブンデスMF部門で堂々7位 人気ゲーム「FIFA18」の能力値で高評価
浦和を救った守護神・西川周作に各国メディアなど賛辞。「英雄的パフォーマンス」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加