阪神・梅野が原口が投手!山田コーチ発案「しっかり下半身で投げる必要がある」

阪神・梅野が原口が投手!山田コーチ発案「しっかり下半身で投げる必要がある」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

阪神秋季キャンプ(13日、安芸)阪神・梅野隆太郎捕手(26)ら4捕手がブルペン入りして約50球を投げた。

「傾斜があるなかで、下半身を使って力強い球を投げる。この練習は初めてでしたね」

梅野は約50球を同じ捕手坂本のミットを目がけて力強い投球フォームから投げた。自己申告のMAXは「136キロだったかな」とにやりと笑ったが、練習そのものは超真剣モード。仕掛け人の山田1軍バッテリーコーチは「(平地だと)捕手は小さく投げてしまう。(傾斜があると)しっかり下半身で投げる必要がある。50球でハアハアしていたけど、投手の気持ちもわかる」と狙いを明かした。

捕手再挑戦中の原口は「下半身のバランスや胸の張りとか、捕手の練習ではできないことなので」と収穫を口にした。タイガーバズーカが火を噴く。 (新里公章)

No image

ピッチャー、梅ちゃん!! ブルペンで投球練習を行う捕手の梅野。投手の気持ちが分かる!?(撮影・甘利慈)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【アジアCS】侍ジャパン第2戦先発は今永、チャイニーズ・タイペイはリンの左腕対決
稲葉ジャパン、連勝で決勝進出へ!第2戦は今永に託す
阪神・桑原、500%超UP!虎史上最高昇給率の可能性
韓国・宣銅烈監督、初勝利に喜び「もう1度日本と」
オリックスが大和とFA初交渉 3年総額3億円...福良監督もサプライズ登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加