都議会開会 長年の慣例制度に切り込む小池知事

都議会開会 長年の慣例制度に切り込む小池知事

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

1日から東京都議会が始まります。小池知事は就任後、2度目の所信表明に臨み、これまで慣例で続いてきた都議会の復活予算の廃止について言及するということです。

都議会が開会する1日、小池知事は午前11時すぎに登庁しました。小池知事にとって都議会での所信表明は2度目です。関係者によりますと、1日の所信表明では予算編成の過程で議会側の要望を反映させる「政党復活枠」の廃止について改めて言及するということです。政党復活枠は戦後から慣例的に続く制度で、1992年度からは200億円が割り当てられてきました。これまでは、最大会派自民党の要望がほぼ全面的に反映されてきたという指摘もあり、議会では自民党側の反発も予想されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“北方領土問題の進展図る”日露外相が一致
安倍首相、通算在職日数が中曽根氏に並ぶ 「戦後最長」も現実味
領土問題進展に向け協議継続 日ロ外相会談で一致
南スーダン「国連PKO代表」が不在の異常事態!
【カジノ解禁法案】自民、審議拒否の民進に「言う資格なし」 共産は「人のお金巻き上げるだけ」と非難
  • このエントリーをはてなブックマークに追加