軽自動車販売、20万台突破の N-BOX が3年連続トップ 2017年車名別

軽自動車販売、20万台突破の N-BOX が3年連続トップ 2017年車名別

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/11
No image

ホンダN-BOX

もっと画像を見る
全国軽自動車協会連合会は1月11日、2017年12月および2017年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表した。

●N-BOX、4か月連続トップ 12月

12月のランキングは、昨秋初のフルモデルチェンジを受けたホンダ『N-BOX』が前年同月比23.3%増の1万8458台を販売し、4か月連続のトップとなった。

2位は前月同様、ダイハツ『ムーヴ』で、同13.9%減の1万0073台。首位N-BOXには8000台以上の大差を付けられた。3位には2ランクアップで、同18.7%減の9288台の日産『デイズ』が入った。

12月の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:N-BOX(ホンダ)1万8458台(23.3%増)
2位:ムーヴ(ダイハツ)1万0073台(13.9%減)
3位:デイズ(日産)9288台(18.7%減)
4位:スペーシア(スズキ)8757台(45.5%増)
5位:タント(ダイハツ)8741台(15.1%減)
6位:ワゴンR(スズキ)8284台(57.0%増)
7位:ミラ(ダイハツ)6654台(19.5%増)
8位:アルト(スズキ)5193台(24.6%減)
9位:N-WGN(ホンダ)4949台(24.6%減)
10位:ハスラー(スズキ)4194台(33.2%減)

●N-BOX、20万台突破で3年連続トップ 2017年

年間ランキングでも、ホンダ『N-BOX』が前年比17.2%増の21万8478台で3年連続トップを達成した。N-BOXは年間販売台数23万4994台を記録した2013年には及ばなかったものの、4年ぶりの20万台突破となった。

2位はダイハツ『ムーヴ』で同38.0%増の14万1373台。首位N-BOXとの差は7万7105台と、大きく引き離された。3位は同じくダイハツの『タント』で、同9.4%減の14万1312台だった。

軽自動車の販売が復調傾向にある中、トップ10中6車種が前年実績を上回り、いずれも2ケタの大幅増となった。

2017年の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:N-BOX(ホンダ)21万8478台(17.2%増)
2位:ムーヴ(ダイハツ)14万1373台(38.0%増)
3位:タント(ダイハツ)14万1312台(9.4%減)
4位:デイズ(日産)13万7514台(30.1%増)
5位:ワゴンR(スズキ)11万4711台(41.4%増)
6位:スペーシア(スズキ)10万4763台(28.9%増)
7位:ミラ(ダイハツ)9万5772台(31.3%増)
8位:アルト(スズキ)8万8394台(11.4%減)
9位:N-WGN(ホンダ)7万5591台(12.8%減)
10位:ハスラー(スズキ)7万2600台(15.3%減)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
研究結果:Bitcoinを150ドルから1000ドルにつり上げたのはひとりの仕業だったらしい
コンビニ倒産急増 人手不足で24時間営業見直し シェア自転車、ジム、コインランドリーなど多角化
ビットコイン急落。一時は1万ドル以下に
YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更
政府が主導する、定額働かせ放題プラン「残業ゼロ法案」の危険性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加