民進・前原誠司元外相が「非主流派」重鎮と夜会合 蓮舫代表の党運営めぐり意見交換か?

  • 産経ニュース
  • 更新日:2016/12/01

民進党の前原誠司元外相は30日夜、都内で赤松広隆前衆院副議長、大畠章宏元国土交通相らと会合を開いた。前原、赤松、大畠各氏は党執行部と距離を置いており、「非主流派」の実力者が顔を合わせた格好だ。

会合は2時間半以上にわたって行われ、次期衆院選への対応や蓮舫代表の党運営などについて意見交換したとみられる。赤松氏は9月の代表選で蓮舫氏を支持したが、野田佳彦幹事長の起用に強く反発した。大畠氏は代表選で前原氏を支援した。

No image

前原誠司元外相(荻窪佳撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
福島から避難 教諭が児童を「菌」と発言
週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
大学ブランドランキング九州編、1位の九州大学に続いたのは?
国立公園指定も意味なし やんばる国立公園が切り裂かれていく...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加