キヤノン、特大容量タンクを搭載したインクジェットプリンターの新シリーズ2製品を発売

キヤノン、特大容量タンクを搭載したインクジェットプリンターの新シリーズ2製品を発売

  • MdN
  • 更新日:2018/02/13
No image

G3310

キヤノン株式会社とキヤノンマーケティングジャパン株式会社は、特大容量タンクを搭載したインクジェットプリンター「Gシリーズ」を2月22日に発売すると発表した。

同シリーズは、プリント機会の多いユーザー向けのプリンターで、インク交換頻度の手間を低減できる。ラインアップは、コピーやスキャンが可能な「G3310」と、スキャナーが非搭載の「G1310」の2機種。

特大容量タンクを搭載し、本体にブラック2本、カラー(シアン、マゼンタ、イエロー)各色1本ずつのインクボトルを初期同梱している。大容量インクボトル各色1本で、ブラックは約6000ページ、カラーは約7000ページの大量印刷が可能。インクコストはA4カラーで約0.8円、A4モノクロで約0.3円と低ランニングコストを実現している。

インクタンクを本体前面に配置することにより、インクの残量が一目でわかり、インクの補充を適切なタイミングで行える。

No image

G1310

キヤノン株式会社
価格:オープン
URL:http://cweb.canon.jp/maxify/lineup/g-series/g3310/index.html
URL:http://cweb.canon.jp/maxify/lineup/g-series/g1310/index.html
2018/02/13

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安全で耐久性抜群!プロペラ1対で飛ぶドーナツ型のドローン「Cleo」
スバルの北米向け3列シートSUV「アセント」の価格が明らかに! 全車アイサイトと4輪駆動が標準で約350万円から
8GBで500万円請求されたツイートが話題に...実は救済措置があるって知ってた?
電気も水も自給できる卵型ミニハウス「Ecocapsule」はスマホで照明操作も
どこでも壁かけテレビを設置できる「つっぱりTVポール」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加