【報ステ】世界初 iPS細胞が心臓病の治療へ

【報ステ】世界初 iPS細胞が心臓病の治療へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/05/17
No image

動画を見る(元記事へ)

厚生労働省の専門家会議は16日、心臓病の患者にiPS細胞から作った心筋シートを心臓に直接張り付けて移植する治療に対して、対象患者を限定することなどの条件付きで承認した。この臨床研究計画は今年3月、大阪大学の澤芳樹教授らの研究グループが国に提出していた。今後、大臣が正式に認めたうえで、今年度中にも最初の移植が行われる見通しだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
記者と喧嘩する前代未聞の司会:日大が危機対応の黒歴史に金字塔
【緊急事態発生】新潟女児殺害事件の小林遼容疑者 / 犯人と同級生と名乗るニセ同級生が大増殖「マスコミが騙される」
【炎上】TOKIO山口達也容疑者に強制キスされた女子高生に批判の声「女にはめられた」「ハニートラップ」「喜んで行く娘も居る」
高くついた花火...山火事招いた少年に賠償40億円
【ビデオ】ボディが錆びた十数年前のマツダ「アテンザ」とVW「ゴルフ」を衝突試験に掛けたら...!? 結果は恐ろしいことに!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加