子の迷惑行動を注意しないママ友に「イラッ」としたらどうすべき?

子の迷惑行動を注意しないママ友に「イラッ」としたらどうすべき?

  • It Mama
  • 更新日:2018/02/13
No image

source:https://www.shutterstock.com/

よその子どもがやんちゃに駆け回り、危ない場面にヒヤヒヤするものの、当の親はスマホをいじってばかり……。

そんな風に自分の子どもを見ていない親に、イラっとすることはありますか?

筆者は子どもがいないときも、子どもが小さい頃にも、そのように感じたことがあります。

今回は4子の母であり、子育てアドバイザーである筆者が、他人の子どもの親にイラっとするとき、心の中で起こっていることを考えてみます。

No image

▼「自分の子どもを注意しない親」にイラっとする理由2つ

(1)親たるもの、こうあるべきという固定観念がある

親は間違いを起こしてはいけないと、一体誰が決めたのでしょうか?

間違いを犯さない親や人間など、この世に存在するのでしょうか。

「それ、間違ってますよ」と注意するのではなく、「なぜ気付かないのか」と黙ってイライラするのは、“親はこうあるべき”という考えに縛られているからなのかもしれません。

(2)まだ育児に不慣れである

「こんなに子どもが自由な生き物だとは知らなかった!」「こんなにも説明や手ほどきが必要なのだとは、思っていなかった!」など、親になってから初めて分かることは山ほどあります。

当たり前のこととはいえ、親初心者は戸惑うことばかりです。

ですから、いつも模範的な対応が出来るはずもありません。時には、子どもに対して理不尽な怒り方をするときもあるでしょう。

子育てに疲れて、もう子どもを見たくない! という時もあるでしょう。

筆者も実感することですが、普段の“うっぷん”をはらすように、ママ友とのおしゃべりに夢中になってしまうときもありますよね。

もし目の前に子どもを見ていない親がいたとしたら、「この人には、この行動を選択するだけの“何か理由”があるのかもしれない」と考えてみてはどうでしょうか。

関連記事:子育て命でドン引き!「旦那への態度が酷すぎる」ママ友エピソード3連発

▼子どもを育む社会の一員としてできること

No image

source:https://www.shutterstock.com/

「なぜ自分の子どもをちゃんとしつけないの?」と他人の親に対する見方は、筆者は“大人の責任”を放棄しているように感じます。

筆者は目の前に、自分に対して何かうるさかったり、物が当たったりなどの害をなす子がいたら、ためらいもなく注意します。

もしその子が注意を聞かない場合は、その場を離れます。自分から不愉快な場所から遠ざかるのは、大人だからこそできる“自己防衛”かと思います。

または、その子の親に直接「注意してもらえますか? 迷惑しているので。」と言うだけでいいと思います。

親のあるべき姿や間違いを非難する前に、自分が社会の一員として、そして大人として、何をすべきか問うてみてはいかがでしょうか。

▼子育て環境をより良いものにする行動を!

他人の子育ての仕方を非難する空気を作ることは、自分の子育て環境を悪くしているようなものです。

なぜなら、自分も何かの間違いで同様の状況に陥ったとき、冷たい視線を投げかけられることになるからです。

逆に言うと、自分には分からない状況を想像し、人に優しくする行動を選択することは、次世代の子育て環境をより良いものにする行為と言えるでしょう。

関連記事:他人の子とのトラブルが起きた!「上手な注意の方法」とは

筆者は、同じ親同士で非難しあっていることが、何よりも悲しい状況に感じています。

親だからこそ、優しい思いを持って人に接することが、私達の子どもたちが親になったときに、より子育てしやすい環境を作るのだと思います。

【画像】

※ Chamille White , CREATISTA /  Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米海兵隊が"PDCA"より"OODA"を使うワケ
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
糖尿病予備軍かも!? やってはいけない生活習慣6【糖質制限の基本】
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
マルチタスク、薄暗い照明、長い運転時間など。科学的に裏付けられた人間の知性を損なう10の事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加