伝統校の岐阜工、各務原などが初戦突破。岐阜16強出揃う

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/05/15

平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(三重)岐阜県予選1回戦が13日に行われ、16強が出揃った。

21回目の全国出場を狙う岐阜工高は斐太高に5-1で快勝。10年ぶりの優勝を目指す各務原高は恵那高に5-0で快勝した。昨年4強の岐阜高なども初戦突破。なお、新人戦優勝の帝京大可児高と同準優勝の大垣工高、同4強の中津高、中京高は19日の2回戦から登場する。

[2回戦](5月19日)
帝京大可児高- 加茂高
各務原高- 多治見高
吉城高 - 岐阜高
長良高 - 中津高
中京高 - 中津川工高
大垣北高 - 関商工高
岐阜工高- 加納高
大垣日大高 -大垣工高

[1回戦](5月13日)
土岐商高 1-2 加茂高
各務原高5-0 恵那高
武義高 1-3 多治見高
吉城高 5-0 大垣商高
岐阜高 3-0 大垣西高
長良高 3-0 高山西高
岐山高 0-1 中津川工高
県岐阜商高 1-2 大垣北高
多治見北高 0-2 関商工高
岐阜工高5-1 斐太高
加納高 1-0 可児高
東濃実高 0-3 大垣日大高●【特設】高校総体2018

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
智弁和歌山が圧勝で近畿4強
「MAJOR思い出した」「そのまんますぎ」 アメフト問題で注目、人気野球漫画のワンシーン
ドラ1候補大阪桐蔭・藤原センバツ以来復帰戦5の5
古賀悠斗(福岡大大濠―中央大)後編「甲子園、侍ジャパンの経験は大きな財産となった」
千葉明徳(千葉) 先輩たち超え、初の甲子園へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加