ドコモのオリジナルスマホ「MONO」はなんと650円

ドコモのオリジナルスマホ「MONO」はなんと650円

  • iPhone Mania
  • 更新日:2016/10/19
No image

NTTドコモ(以下、ドコモ)は本日、冬春モデル発表会の中で、オリジナルレーベルのスマートフォン「MONO」を発表しました。

格安スマホの対抗馬!端末価格はなんと、650円

「MONO」は、基本ソフトにAndroid 6.0を採用した、4.7インチスマートフォンです。カメラ画素数はメインが約1,330万画素、フロントが約490万画素、RAMは2GB、ROMは16GB、防水・防塵、ハイレゾに対応しますが、一方で、おサイフケータイやワンセグ、指紋認証などには対応していません。

スペックとしては一般的もしくは並以下ではあるものの、1年縛りありで、端末価格は驚きの約650円(一括価格)となっている点が特徴です。

現在、携帯電話市場は、格安スマートフォンと呼ばれる、スペックの割に価格が抑えられた端末が人気です。ドコモとしては、こうした端末によってシェアを広げる、MVNOサービス提供各社の勢いを、少しでも食い止めたい意向があるものと思われます。

なお、ドコモは発表会の中で、発売を予定していたGalaxy Note 7についても言及しています。産経ニュースによれば、今月13日の米消費者製品安全委員会のリコールまでは、発売に向けて調整を進めていたものの、2度めのリコールによって、発売中止を決めたとのことです。

Galaxy端末はグローバルで人気を集めているものの、日本ではそれほどの勢いがありませんので、ドコモの収支に与える影響は限定的とみられますが、発売予定機種の消失は、悩ましいことだったに違いありません。

Source:NTTドコモ,産経ニュース
(クロス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
充電なしでスマホを12年間も動かせるバッテリーが開発される
PS4システムソフトウェア「4.07」を配信...約3週間ぶりに実施
パソコン工房Webサイト、期間限定の「クリスマスセール」開催
3時間ごと&市町村単位の天気予報を複数表示できる卓上時計「DWS-200J-7JF」レビュー
8万6180円のSurface Pro 4特別機をヨドバシが販売中。Core m3版のペンなし仕様
  • このエントリーをはてなブックマークに追加