名古屋で「ロボカップ」 生活支援を行うロボット開発も進む

名古屋で「ロボカップ」 生活支援を行うロボット開発も進む

  • Jタウンネット
  • 更新日:2017/08/13

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2017年7月31日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーでは、20年ぶりに名古屋で開催されたロボカップについて紹介されていました。

7月27~30日、最先端ロボットの祭典「ロボカップ」がポートメッセなごやで開催され、国内外から約10万人が訪れました。20年前に名古屋で初めて開催されたロボカップは、20年で驚きの進化を遂げています。

No image

ロボカップ2017名古屋世界大会ホームページより

最新ロボットが技術を競う

ロボカップは大きく分けて、サッカー、レスキュー、@ホーム(アットホーム)、インダストリアル、ジュニアの5つの種目で競技が行われました。

なかでも今後、私たちの日常生活を大きく変えると注目されている競技は「@ホーム」で、棚の中の物をつかんで運んだり、ドアの開閉をしたりなどの生活支援を行う暮らしに役立つ作業を競います。

この競技に参加した、トヨタが開発する生活支援ロボット「HSR」は、将来的に一般家庭での利用を目指し、掃除や片付けなどができるよう開発中とのことです。

日常生活でロボットが活躍する姿が、より具体的に感じられるようになってきました。介護の現場など、人手が足りない分野で活躍できるロボットの、より早い一般化が望まれます。(ライター:moca)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
花火大会会場に落雷 男女9人けが 東京・世田谷区
「帰り道分からない」と交番に...教師が覚醒剤使用か
「限界国家」日本、大量の外国人実習生が失踪...外国人労働者抜きでは社会維持が困難に
【関東大雷雨】都心で2時間に1000発の落雷観測
日本の学校は地獄か...いじめ自殺で市教委がとった残酷すぎる言動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加