侍J稲葉監督、初陣ドローに「今日は満足。いい形で出た」

侍J稲葉監督、初陣ドローに「今日は満足。いい形で出た」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

3回、生還した上林(右)を笑顔で迎える稲葉監督

「練習試合、日本3-3日本ハム」(12日、清武SOKKENスタジアム)

稲葉監督が描く、新しい日本野球の形-。その一端が代表監督としての初戦から垣間見えた。「今日は満足ですね。いい形で出たと思います」と指揮官も納得の表情だ。

1番・京田、2番・源田に続いて3番・上林、4番・山川、5番・近藤健のクリーンアップを形成。その狙いを「1、2番が出塁できて走れる中で、上林はバントもうまい。山川の後ろも大事なポジション。近藤の勝負強さが生かされると、5番にした」と説明した。

その狙いが結果に表れる。2点を追う三回は京田の中前打から1死二、三塁を作り、山川が右犠飛。さらに近藤が左中間を破る適時二塁打を放ち、瞬く間に同点に追いついた。

同点の七回は無死一塁から3番・上林が送りバント。勝ち越しはできなかったが「終盤は1点を取りに行く。他の選手へのメッセージ」と意図のある攻撃だった。上林、外崎が盗塁を決め、4番・山川の一発も飛び出す。指揮官の提唱するスピード&パワーを示し、収穫あるドローでのスタートとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
坂倉 ファーム4冠!!「次は1軍で」タイトル総なめ宣言
巨人選手が恐れる「鹿取GMの非情コストカット」
巨人がFA野上獲得調査、先発強化へ11勝右腕白羽
鳥越コーチの退団こそホークス最大の痛手。名手を育て上げた魂のノック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加