サニブラウン、ボルト超え7位  「悔しいだけ」東京五輪で必ず伝説になる!

サニブラウン、ボルト超え7位 「悔しいだけ」東京五輪で必ず伝説になる!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

7着でゴールしたサニブラウン・ハキーム(左端)。右端は優勝し喜ぶラミル・グリエフ(共同)

「陸上・世界選手権」(10日、ロンドン競技場)

男子200メートル決勝が行われ、同種目史上最年少の18歳5カ月で決勝に進んだサニブラウン・ハキーム(東京陸協)は20秒63で7位となり、日本選手団今大会入賞1号となった。これまで最年少記録を持っていたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は18歳11カ月だった2005年大会で8位。今大会限りで引退するレジェンドの順位を上回った。日本勢で03年大会銅メダルの末続慎吾以来の表彰台はならなかったが、世界にそのポテンシャルを見せつけた。

世界の頂に真っ向から挑み、そして華々しく散った。史上最年少で立った世界最高峰の舞台は、堂々の7位。それでも…。「悔しいだけ。こんなんで満足してちゃ駄目。勝負できなきゃ、全然面白くない」。メダルしか狙っていなかった若武者はゴール後、座り込み、何度も何度も漆黒の夜空を仰いだ。

「自分より速く100メートルを走る選手はいない」。自信を持ってスタートから一気に加速すると、コーナーを抜ける手前まで先頭に立っていた。しかし、100メートルと合わせてこれが5レース目。体が悲鳴を上げた。違和感を抱えていた右太もも裏が痛み、失速。「ラストは脚が痛くて全然動かなかった。食らいついていけてたら…。結局全ラウンドを走りきって1番にならないと意味がないと、肌で感じた試合だった」と唇をかみしめた。

それでも、その才能が頂点に届く可能性を十分に示した大会となった。9月からは米フロリダ大に進学。1月から拠点にしていたオランダを離れ、再び新たな環境に飛び込む。数々の金メダリストを生み出し、サニブラウンを8カ月間指導したレイダー・コーチは「この大会は序章に過ぎない。彼に限界はない」と素質を評し、ちゃめっ気タップリに未来をこう予言した。「東京五輪の後にはすごく有名になって、すごくお金持ちになるんじゃないかな」-。

それはまるでボルトが歩んだ物語のように。ロンドンの地で始まった序章は、3年後の東京できっと伝説に変わる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到
LINEに「花火」が打ち上がる!“隠し機能”が話題
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
人には言えない「ひとりエッチしてる率」を調査 2、30代女性は3割が...
「慰安婦は韓国人があっせん」「反日は韓国社会の闇を隠蔽するため」、韓国人研究者が暴露―台湾メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加