ワイモバイルが「学割」で先制攻撃、スマホデビューの低年齢化を取り込む

ワイモバイルが「学割」で先制攻撃、スマホデビューの低年齢化を取り込む

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/05
No image

●増える中学1年生のスマホデビュー

ソフトバンクが11月30日に開催した「Y!mobile」(ワイモバイル)の発表会では、12月からの「学割」を発表。大手キャリアのサブブランドを含めた格安スマホ市場でシェアNo.1を誇るワイモバイルによる先制攻撃が始まった。

年々スマホデビューが低年齢化する中で、ワイモバイルは子どもが安心してスマホを利用できる環境作りにも取り組む。その狙いはどこにあるのだろうか。

○中学生のスマホデビューは3年前の2倍に

スマホの「学割」は、春の入学や進級シーズンに向けたキャンペーンとして、年明けに発表される風物詩となっていた。だがワイモバイルは12月から半年間に渡って展開。5〜18歳を対象に、次の機種変更まで続く「データ容量2倍」や3か月の基本料無料を提供する。

なぜ12月に前倒しするのか。ワイモバイル事業を統括するソフトバンク執行役員の寺尾 洋幸氏は、「早く始めればそれだけ話題になるだろう、という仮説を立てた」と飄々と語る。実際に数が出るのは3月になると予想するものの、他社に先んじたプロモーションにより若年層からの認知度も高める狙いもあるという。

背景には「スマホデビュー」の低年齢化もある。ワイモバイルの調査では中学1年生の39%がスマホを保有しており、3年前と比べて2倍に増えている。子どもにスマホを持たせるかどうかではなく、「親御さんは、スマホを買うこと自体は決めている」と寺尾氏は指摘する。

学割と併せて発表した新端末として、中〜低価格帯の「Android One」スマホが4機種登場した。ベーシックな端末が中心だが、グーグルがアップデートを保証するため安全性が高いことが特徴になる。

安価なAndroid端末ならMVNOという選択肢もあるが、ワイモバイルはiPhoneを取り扱えるという強みもある。学生に人気だった小型の「iPhone 5s」や「iPhone SE」に加え、10月には4.7インチの「iPhone 6s」も発売したことで、「クラスの仲間と同じiPhoneを使いたい」若年層に訴求しそうだ。

●ティーン人気No.1の雑誌「ニコラ」と協力した理由

○親子間のスマホルールに一役買う取り組みも

だが、スマホデビューの低年齢化はいいことばかりではない。ネット上の有害な情報やトラブルは、親にとって不安の種だ。そこで、子どもにスマホを買い与える親たちを安心させる仕組みが求められる。

その仕組みの1つとして、ワイモバイルは有害サイトをブロックする「あんしんフィルター」をスマホに搭載する。だが、子どもは子どもなりに、LINEやSNOW、動画やゲームを自由に楽しみたいと考えている。まして中学生にもなれば、親から子に向けて一方的に制限をかけるだけではうまくいかない。

スマホの普及に伴い、スマホ利用に関する親子間での意見の調整は、どの家庭でも悩みどころだ。そこでワイモバイルは「ティーン雑誌」に着目したという。子どもにとって憧れの存在である読者モデルを活用しつつ、「夜何時までスマホを使えるか」などのルールをリスト化。具体的な時間などの詳細は各家庭で相談し、親子でサインできる書式になっている。

MVNOの中にもトーンモバイルのように子ども利用にフォーカスした事業者は出てきているが、まだ少数派だ。この機会にワイモバイルは親世代に向けて安心感をアピールしつつ、あわよくば「家族割」で家族まるごと囲い込みたいという思惑も見えてくる。

実は、この戦略には大きな死角もある。それはソフトバンクが提供する「SoftBank」ブランドの存在だ。同じ企業体の別ブランドであるワイモバイルとして、繰り出せる施策には限界もある。寺尾氏自身も兼ね合いの難しさを漏らす場面があった。

だが学割について、ワイモバイルが攻めていることは間違いない。料金の安さや端末ラインアップ、安心・安全といったさまざまな角度から、ワイモバイルは若年層のスマホデビューに最適なパッケージを作り出そうとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
無料でブラウザ上からPhotoshop並に画像を編集しまくれる多機能ツール「Photopea」を使ってみた
デルのワークステーション、20年の歩み - Dell Canvasの併用で可能性が広がる
流行語で振り返る“IoT Today的”2017年
最大18コアのXeonプロセッサーを搭載した史上最強『iMac Pro』の機能をおさらい
iMac ProのT2チップは多くのシステム制御装置を包括 セキュリティレベルが上昇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加