ベック、「WOW」のTOKiMONSTAリミックス公開

ベック、「WOW」のTOKiMONSTAリミックス公開

  • AMP
  • 更新日:2016/10/20
No image

ベックが全世界で2000万回の再生回数を誇る最新シングル「WOW」の新たなリミックス音源を公開した。

すでに公開されているメキシカン・インスティテュート・オヴ・サウンド(M.I.S)のリミックスに続く今回のリミックスは、ロサンゼルスを拠点に活動する韓国系アメリカ人のプロデューサー、TOKiMONSTAによるもの。

TOKiMONSTAは世界最先端の女流ビートメーカー、ジェニファー・リーによるプロジェクトで、フライング・ロータス主宰のBrainfeeder初の女性アーティストとなったほか、これまでにスクリレックスやディプロと共にツアーをまわった経歴を持つ。

さらに、坂本龍一 x Shing02 x TOKiMONSTA名義で大飯原発再稼働反対トラックを発表し、来日公演も実施している。

一方で、ベックはレディー・ガガが10月21日にリリースするニューアルバム『Joanne』にコラボレーションアーティストとして名を連ねている。

また、サッカーゲーム「FIFA 17」のサウンドトラックや、Fossil(フォッシル)のスマートウォッチのCMソングとして、新曲「Up All Night」が起用された。「Dreams」「WOW」を超えるポップな1曲で、ニューアルバムへの期待がさらに高まる。

楽曲の一部はFossilのCMで聴くことができる。

No image

BeckWOW

Hostess

2016

iTunes

ベックが全世界で2000万回の再生回数を誇る最新シングル「WOW」の新たなリミックス音源を公開した。

すでに公開されているメキシカン・インスティテュート・オヴ・サウンド(M.I.S)のリミックスに続く今回のリミックスは、ロサンゼルスを拠点に活動する韓国系アメリカ人のプロデューサー、TOKiMONSTAによるもの。

TOKiMONSTAは世界最先端の女流ビートメーカー、ジェニファー・リーによるプロジェクトで、フライング・ロータス主宰のBrainfeeder初の女性アーティストとなったほか、これまでにスクリレックスやディプロと共にツアーをまわった経歴を持つ。

さらに、坂本龍一 x Shing02 x TOKiMONSTA名義で大飯原発再稼働反対トラックを発表し、来日公演も実施している。

一方で、ベックはレディー・ガガが10月21日にリリースするニューアルバム『Joanne』にコラボレーションアーティストとして名を連ねている。

また、サッカーゲーム「FIFA 17」のサウンドトラックや、Fossil(フォッシル)のスマートウォッチのCMソングとして、新曲「Up All Night」が起用された。「Dreams」「WOW」を超えるポップな1曲で、ニューアルバムへの期待がさらに高まる。

楽曲の一部はFossilのCMで聴くことができる。

Beck

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
欅坂46、初のスポーツイベントで「二人セゾン」披露
「乃木坂46」が3期生お見立て会 “プリンシパル”公演が復活!
ピコ太郎が初フリーライブ開催、集まった観衆見て「コロシアムみたい!」
薬師丸ひろ子のデビュー35周年を記念したラジオ番組が放送決定
ピコ太郎ライブに1万人「変化についていけない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加