木下優樹菜、代官山『蔦屋書店』の屋根にプロペラのおもちゃを飛ばして呆然

木下優樹菜、代官山『蔦屋書店』の屋根にプロペラのおもちゃを飛ばして呆然

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2016/11/29
No image

プロペラを屋根の上に乗せてしまった木下。男性2人が肩車をして手をのばすのを固唾をのんで見守った

「娘さんとおそろいのジャケットを着たユッキーナが空のベビーカーを押し、抱っこひもで眠る次女を胸に抱えながら歩いていたので驚きました」(目撃した女性)

11月中旬の午後2時ごろ、おしゃれな若者が集まる場所として人気の『代官山蔦屋書店』に、木下優樹菜の姿があったという。'10年にFUJIWARAの藤本敏史と結婚し、'12年には長女の莉々菜ちゃんを、昨年11月には次女の茉叶菜ちゃんを出産している。

「木下さんは、今年オリコンが主催した“好きなママタレント”ランキングで1位に輝いています。SNSで家族の様子を積極的にアップし、理想のママとして大人気。インスタグラムのフォロワー数も350万人を突破しています」(広告代理店関係者)

とりわけ、母娘でファッション雑誌やファッションショーに出演したり、親子のおそろいコーデをインスタグラムにあげるなど、ファッショナブルなところが若い層からの人気の秘密。だが、そのファッションと育児のことで、心のバランスを崩してしまった過去もあるという─。

「'12年10月のこと。木下さんがプロデュースするアパレルブランド『Avan Lily』を立ち上げたばかりということもあり、長女の産後わずか2か月で仕事に復帰したんです。でも、そこからが大変でした」(アパレル関係者)

育児体験を綴った著書『ユキナ育。』でも、当時のことをこう語っている。

《息ができなくなる感じと激しい動悸。急に冷や汗が出たり逆に超暑くなったり》

《生きてる心地がしなかった》

そういった経験もあってなのか、

「藤本さんは2人目が欲しいと言っていたのですが、彼女は子育ての苦労を肌で感じていたため、だいぶ悩んでいたそうです」(前出・アパレル関係者)

だけど、いまは大丈夫。先日出席した会見では、次女が誕生してから約1年がたち、

「1人のときより2人のほうが倍、大変だなと感じているんですけど、そのぶん幸せや楽しさも倍になったので結果、幸せですね」

と晴れやかな表情を見せていた。『蔦屋書店』を3人で訪れていたこの日も、本当に楽しそうだったが、突然予期せぬハプニングが!

「娘さんがプロペラのおもちゃを持っていたのですが、木下さんが彼女にその使い方を教えようと“思いっきり引っ張るの。貸して”とやってみせたんです」(前出・目撃した女性)

すると、プロペラは高く飛んでいき、そのまま2メートルほどある建物の屋根の上にスコン! と音を立てて乗っかってしまった。

「呆然と立ち尽くす姿を見ていた男性2人組が“取りましょうか?”と声をかけると、そのまま肩車の体勢になりプロペラをキャッチ。手渡された木下さん母娘は“ありがとうございます!”と目を輝かせていました」(前出・目撃した女性)

またひとつ、母娘の思い出が増えたようで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【逃げ恥】吉本新喜劇が披露した『恋ダンス』のクオリティが高すぎると話題! ネットの声「本家より好きかも」「ガッキーに見えてきた」
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
成宮寛貴の薬物報道前日に...ナイナイ岡村「この人出したらアカン」発言が波紋
元フィギュア村主がヌードになったワケ 極貧生活をTV告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加