【MLB】マイコラス、2年17億円超で合意 カージナルスGM「先発ローテに厚みもたらす」

【MLB】マイコラス、2年17億円超で合意 カージナルスGM「先発ローテに厚みもたらす」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/12/06
No image

カージナルスへの移籍が決まったマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】

カージナルス地元紙もマイコラス獲得を評価「絶対に不可欠」

今季まで巨人に所属したマイルズ・マイコラス投手がカージナルスと契約合意に至ったことが発表された。米複数メディアは2年総額1550万ドル(約17億5000万円)の契約となるとレポート。同球団の地元紙「セントルイス・ポストディスパッチ」電子版は「カージナルスはスタントンの加入を待つ間に重要な要素を加えた」と伝え、29歳右腕の獲得の重要性を特集した。

パドレス、レンジャーズでメジャーのマウンドに上がったマイコラスは2015年に巨人に加入すると21登板で13勝(3敗)を記録。2年目の2016年は怪我もあって14試合の登板にとどまったものの、今季は27試合登板で14勝(8敗)をマークし、3年間の通算防御率でも2.18と好成績を収めた。

その後、自由契約となった右腕にはメジャーの複数球団が興味を示していたが、5日(日本時間6日)にカージナルスとの契約で合意したと米メディアが一斉に報道。当初、米記者の間では2年総額800万ドル(約9億円)程度の契約となるとの予想も出ていたが、それを大きく上回る1550万ドルの契約での合意となった。

MLB公式サイトでカージナルス担当を務めるジェニファー・ランゴシュ記者は自身のツイッターでマイク・ガーシュGMが「彼(マイコラス)はスプリングトレーニングに向け我々のローテーションに厚みをもたらしてくれる。そこで彼は5つある先発投手枠の1つを争うことになる」と語ったと伝えた。

また、カージナルスの「セントルイス・ポストディスパッチ」紙はマイコラス獲得を「重要な要素」と報道。今季先発ローテが不安定だったことに触れ、「マイコラスとの契約によってカージナルスのローテーションは強化される」とレポートし、アレックス・レイエスら若手投手にも成長する時間がもたらされると分析した。また、同球団はマーリンズ主砲ジャンカルロ・スタントンの獲得に乗り出している最中であり、「これはカージナルスファンが待ち望んだ最大の贈り物ではない」としつつも、「絶対に不可欠なものだ」とマイコラス獲得の重要性を伝えている。

2012年からメジャー通算3シーズンで37試合に登板(先発10試合)し、4勝6敗、1ホールド、防御率5.32の成績だったマイコラス。日本での飛躍を経てメジャーの舞台で輝くことができるか。来季の活躍が注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
尾仲に続いて高木勇も...サプライズ続くFA補償
「えっ、あの選手がこの年俸!?」 プロ野球契約更改“謎の金額”
大谷獲得のエンゼルスが「勝ち組1位」!米名物記者が格付け発表
巨人・高木勇人が西武へ FA野上の人的補償
千葉県選抜が台湾遠征に向け練習試合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加