西武・松井稼頭央“一人七役”で頂点獲る「言われたところでどこでもいけるように」

西武・松井稼頭央“一人七役”で頂点獲る「言われたところでどこでもいけるように」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12
No image

笑顔でサッカーボールを蹴る松井

15年ぶりに西武に復帰した松井稼頭央外野手(42)が“一人七役”でチームを頂点に導く。11日、東京都内で自主トレを公開。代名詞の背番号と同じ7つの仕事をこなして西武では未経験の日本一に貢献すると誓った。

左翼、中堅、右翼に遊撃、DH、代打、兼任のテクニカルコーチ。「言われたところでどこでもいけるように準備したい。いい形でキャンプを迎えられるように、しっかり追い込んでいく」

日米通算25年目のシーズンを前に松井が表情を引き締めた。登録は外野手だが「(源田がいるので)自分が守らない方がいいが、内野ノックは受けている」。今年は、テクニカルコーチという自身初の役割も兼任する。

この日は体幹トレ、キャッチボール、打撃などを計約6時間、行った。楽天では13年に日本一を経験したが、新人から03年まで10シーズン在籍した西武ではリーグ優勝が最高。「西武では日本一になっていない。まずは優勝してその一員になりたい」。自らが“七変化”しながらチームの屋台骨を支える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中日OBの板東英二氏 松坂を「期待通りにいくかどうかはちょっと保証できない」
飯塚高史vs葛西純 串刺し、のこぎり...壮絶流血戦
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
川端、畠山ら1軍 ライアンは2軍...ヤクルト春季Cメンバーが決定
日本人初ワールドシリーズ勝利投手/松坂大輔の足跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加