「大人ときちんと会話ができる」香取シニア、指導の秘訣はどこにある?

「大人ときちんと会話ができる」香取シニア、指導の秘訣はどこにある?

  • ベースボールキング
  • 更新日:2019/08/23
No image

創部10周年を迎えた『香取シニア』は、リトルシニア日本代表のメンバーや、甲子園に出場する強豪校で活躍する選手も輩出しているが、全国大会の常連といった強豪チームというわけではない。しかし、「香取シニアの子は大人ときちんと会話できる」と評価する高校野球関係者は多いという。その秘訣はどこにあるのか?

■子どもたちと共に一から作ったグラウンド

千葉県北東部に位置する香取市。グラウンドは里山を開拓し、羽生惣亮監督と子どもたちの手で一から作った。
「10年前はグラウンドがなく練習場を転々としていましたが、山の一角を提供してくださる人と出会い、子どもたちと一からグラウンドを作りました。室内練習場や勉強部屋、暑い時期のクールダウンに最適な水槽も何から何まで手づくりです」

そう語るのは千葉県の成田高校を経て、千葉商科大時代にはプレイングマネージャーとして軟式野球の全国大会に出場した球歴を持つ羽生惣亮監督だ。

No image
No image

■10年間の指導で子ども達に感じたこと

「野球の技術に関して教えていることはおおよそ基礎の部分だけです。中学で野球をする子は高校野球を見据えています。だからこそ、3年間で基礎を学ぶことが大事だと思っています。
例えばノーアウトランナー二塁の場面でベンチからのサインなしで、ホームランを狙って引っ張るか、ランナーの進塁を前提にセカンド方向にゴロを打つでは点を取る確率は変わります。現代ではフライボール革命が流行り、華のある野球に注目しがちです。でも、地味でも1点を取る術があります。うちは古臭いかもしれませんが、そういった知識を3年間で徹底的に教え込みます」

No image

また、野球の技術だけではなく、練習に取り組む姿勢など子どもの内面の成長も重視する。
「時代はゆとり教育で、子どもを褒めて伸ばす教育にシフトしています。子どもたちにある程度の自由を与え、ノビノビさせることは大切です。しかし、果たして褒めるだけでいいのかと疑問に思います。私は子どもたちによく『なぜ〇〇したの?』と野球のことはもちろん、日常など生活についても子どもに問うことがあります」

その意図はこうだ。
「それは自分の思いを口に出して相手に伝えられるようになって欲しいから。他人の意見を聞くだけでは、いつまでたっても自分の足で歩くことができない子どもが増えてしまいます。それが野球の指導を始めて10年で感じたことです」

■アカデミー化を目指す意図

No image

「香取シニアの子は大人ときちんと会話できる」と高校野球の指導者からも評価されているという。だからこそ、羽生監督はある大きな計画を実行しようとしている。
「こういった指導を中学の段階からではなく、未就学児や小学生の段階から子どもにしていきたいんです。目指すは未就学児から中学3年までを一本化した野球アカデミーです。現段階で未就学児やチームに所属していない子どもを対象とした香取野球教室を企画していて、地元の少年野球とも徐々に連携が取れてきています。
ジュニアの野球界には未だに古い考えを持った指導者がいます。投げれば投げる分だけ伸びると考えて、小学1,2年生でも平気に連投をさせる。目の前の試合に勝つために子どもの取り合いも行う。そんな考えでは子どもがかわいそうです。もっと長期的に、幅広い視野を持って子どもたちを育てていかなければ野球界の未来はありません。サッカーのようにアカデミーを作れば指導方針がブレることはないので、親も安心して子どもを預けられますし、指導者も長い目で子どもを見守ることができると思います」

一からグラウンドを作ったように、羽生監督は壮大なプロジェクトを自らの手で切り開こうとしている。(取材・写真:細川良介)

次回「料理とゴルフで野球が上達?! 子どもの成長を促す香取シニアの柔軟な発想」へ続きます

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前橋育英で全国制覇、甲子園2発の元球児がプロレスデビュー!夢は東京ドーム
高橋、角ともに敗者復活に回れず敗退 今大会での東京五輪出場枠逃す
鶴岡東が新チーム初戦快勝、山路火付け先発全員安打
履正社5回コールド勝ち、4番関本先制&コールド弾
高校野球、来春から投球制限「1週間で500球」 球児の将来見据え大改革
  • このエントリーをはてなブックマークに追加