フィアット創業者の孫、薬物欲しさに狂言誘拐  NYで逮捕

フィアット創業者の孫、薬物欲しさに狂言誘拐 NYで逮捕

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/11/30
No image

仏パリでFIA「フォーミュラE」選手権前に撮影されたラポ・エルカン氏(2016年4月22日撮影)。

【AFP】米ニューヨークで自分自身が誘拐されたと偽ったとして、イタリア自動車大手フィアットの財産相続人の一人であるラポ・エルカン容疑者(39)が逮捕された。警察当局が29日発表した。地元報道によれば、プレイボーイとして知られるエルカン容疑者は先週末に放蕩(ほうとう)ざんまいをした揚げ句、持ち金が足りなくなったため、狂言誘拐で身代金を手にしようとしたという。

イタリア人のエルカン容疑者は、フィアットの伝説的な創業者である故ジャンニ・アニェッリ元名誉会長の孫。複数の米メディアによれば、トランスジェンダー(性別越境者)の売春婦と2日間、セックスやアルコール、マリフアナ、コカインにふけっているうちに手持ちのお金を使い果たしてしまった。

そこで思いついたのが自作自演の誘拐劇。家族に自身が誘拐されたとうそをついて、身代金1万ドル(約112万円)を支払ってもらおうと画策した。そのお金で薬物をさらに購入するつもりだったという。

家族が警察に通報したことで狂言がばれ、警察に逮捕された。

警察によれば、エルカン容疑者はすでに釈放されているが、虚偽の通報を行った容疑で来年1月にニューヨークの裁判所に出廷するよう命じられた。エルカン容疑者が発見された当時売春婦と一緒だったのか、薬物が関係しているかは不明。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コカイン疑惑報道の成宮寛貴 「写真の男性」がおじさんでファン「嘘でも本当でもショック」
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
最近の若い子...ヤバいっ!年下から教わった「新しいエッチ」2つ
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白
伊野尾慧、女子アナ二股報道でスタッフがブチギレ!? 「めざまし」の内容が変更に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加