重量挙げスレイマノグル氏死去 50歳 “ポケット・ヘラクレス”五輪3連覇

重量挙げスレイマノグル氏死去 50歳 “ポケット・ヘラクレス”五輪3連覇

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/20

“ポケット・ヘラクレス”と呼ばれ、男子重量挙げで88年のソウル五輪から3大会連続で金メダルを獲得したトルコの英雄、ナイム・スレイマノグル氏が18日、トルコ・イスタンブールの病院で肝硬変のために死去。50歳だった。9月28日から集中治療室にいた同氏は10月になって肝移植を受けたが、ついに帰らぬ人となった。

No image

50歳で死去したスレイマノグル氏(AP)

スレイマノグル氏はブルガリアのトルコ系住民として生まれ、弾圧を受けたことから1986年にオーストラリア経由でトルコに亡命。1メートル47という小柄な体ながら、ソウル、バルセロナ両五輪では60キロ級、96年のアトランタ五輪では64キロ級で優勝し、世界記録は計46回も更新するなど当時は圧倒的な強さを誇った。

その後、五輪4大会連続の金メダル獲得を目指して2000年のシドニー五輪にも出場。しかしスナッチで3回の試技をすべて失敗して競技から離れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
満足感の浦和MF柏木「(相手は)初戦より強かった。勝てて良かった」。攻撃に手応え「ミシャの時に近い感じに」
本田が主役! CWC準決勝南米王者グレミオ戦でパチューカが互角展開で、死闘は延長戦に
【ブンデス日本人の現地評】寂しい15節...唯一先発の香川はアシストより逸機に注目集まる
今度はマラドーナ! 「似てない銅像」がインドに出現も、本人は上機嫌で“大人の対応”
クラブW杯5位決定戦、浦和のスタメン発表! 初戦から3人変更、長澤らが先発復帰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加