12日の債券市場見通し=もみ合い、40年国債落札を確認する展開か

12日の債券市場見通し=もみ合い、40年国債落札を確認する展開か

  • モーニングスター
  • 更新日:2018/01/12
No image

予想レンジ:債券先物中心限月(3月限)150.40円-150.60円、長期国債利回り0.050%-0.070%

12日の債券市場はもみ合いで始まり、財務省が実施する40年国債入札の落札結果を確認する展開か。「超長期国債の買い越しペースが例年に比べゆっくりになっている生保勢から、年度末を見据えた駆け込み的な需要が出てくるのかどうかを見極めたい」(銀行系証券)、「落札結果を確認後、相場が動く可能性がある」(国内証券)という。

前日の米債券市場は上昇。中国・国家外貨管理局が、米国歳購入の削減や停止に関する報道を声明で否定したことや、米30年国債入札が無難な結果となったことで買い安心感が広がった。

国内市場では前日、日銀の長期国債買い入れ減額が見送られた。YCC(イールド・カーブ・コントロール、長短金利操作)が継続するもとで需給は大崩れしないとの見方が広がっている。日経平均株価が堅調に推移しそうで、円債の上値を抑制しそうだが、下値を試す可能性は低く、40年国債入札が崩れる心配もなさそうだ。提供:モーニングスター社(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
キャデラック『XT5 CROSSOVER』VS ボルボ『XC60』安全、快適装備が充実したミッドサイズSUV対決
トヨタ社長、景気アンケートに回答しない理由...上場大企業とマスコミの「新密度データ一覧」
韓国、仮想通貨取引所の全面的な閉鎖を検討【フィスコ・ビットコインニュース】
パナソニック、巨額投資に回収不安か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加