ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認

  • Traicy
  • 更新日:2017/11/14
No image

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。

証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。

HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。

仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日銀が大株主の企業800社超で株価大暴落の地雷だらけ! 若い人こそ視野に入れるべきリスクヘッジとは...
今年の「東京モーターショー」を振り返って思うこと
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
メルセデスAMG C63ワゴン もマイチェン!マスク一新&フルデジタルクラスタ採用か
開業から半年、「GINZA SIX」が今も好調を維持する理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加