西武浅村は規格外!ティー打撃28発 170m届く

西武浅村は規格外!ティー打撃28発 170m届く

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/01/12
No image

西武浅村は自主トレでの打撃練習で柵越えを連発する(撮影・塩畑大輔)

西武浅村栄斗内野手(26)が「規格外」の弾道を披露した。11日、愛媛・今治で自主トレを公開。ティー打撃では45スイング中28スイングで、打球が両翼100メートルの球場フェンスを越えていった。

うち5本が場外に消えていった。左翼スタンド後方、本塁から約120メートル先にある球場管理棟の屋根にはねた一発も。ボールは打席から約170メートル地点、駐車場の縁石にひっかかって止まっていた。

浅村は「規格外ですね」と笑いつつも「そんなに飛ぶようになったわけじゃないと思うけど」と首をかしげた。しかし一緒に自主トレを行っている熊代は「今のあいつはえげつないスイングをしている。身体の回転のスピードがすさまじい。やはりトレーニングの成果なんじゃないかと思う」と話した。

実働6日目となる自主トレでは、帯同の川島浩史トレーナーに依頼し、体幹や股関節回り、臀部(でんぶ)などの強化メニューを組んでもらった。

筋力自体の強化に加え、使えていない筋肉を動かせるようにすることで、スイング時の身体の回転スピードが大幅にアップしているとみられる。

昨季は打率3割をマークしたが「よかったとは思っていない」と言う。シーズン序盤は不振に苦しみ、打率1割台に沈んだこともあった。それだけに「1年通して活躍して、すごい成績を残したい」と意気込む。

スランプの中で「打ちたいと思うあまり、無意識にスタンスが広がっていた」という気づきも得た。シーズン終盤、ボール3つ分ほどスタンスを狭めることで、下半身主導の身体の回転でバットを振る感触もつかんでいた。

フォーム修正に加え、体幹、股関節回りなどが強化できれば、さらにスイングが鋭くなると見込む。浅村は「本当にきつい」と表情をゆがめながらも、精力的にトレーニングに取り組む。同地での自主トレは16日まで続く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武の春季キャンプ振り分け決定、A班にフレッシュな顔ぶれが揃ったワケ
日本ハム・中田、“緊縛トレ”公開!飛距離アップで世界と戦う
WBC台湾代表メンバー発表 陽岱鋼ら日本球界から5名選出
西武中村「やっちゃった」打撃練習中に珍しいミス
“神ってる”神巧也「感極まった」リオ銀吉村を破る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加