「大口径タイヤがトレンド」東洋ゴム 清水社長...東京オートサロン2018

「大口径タイヤがトレンド」東洋ゴム 清水社長...東京オートサロン2018

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/13
No image

東洋ゴム(東京オートサロン2018)

もっと画像を見る
東京オートサロン2018に出展した東洋ゴム工業(トーヨータイヤ)の清水隆史代表取締役社長は、12日の記者会見で「躍動感あるステージを用意した。クルマ文化の浸透している海外市場で、『本物の走り』を支えるブランドとして評価されていることを日本にも伝えたい」と語った。

東洋ゴムは2000年代初頭に、北米でのピックアップ、ライトトラック市場の有望性に目をつけ、大口径(大径)タイヤを早くから市場に投入してきたという。並行してバハシリーズやドリフト競技といったモータースポーツに継続的に参加し、商品ポテンシャルを証明してきた、と自負する。

さらに「日本では、SUVについて都市部でラグジュアリーなクルージング需要が出てきており、世界的にも市販車に装着されるタイヤは大口径がトレンドになっている」と、市場への対応について述べた。

会見にはトーヨータイヤがサポートするレーシングドライバーのケン・ブロック選手、BJバルドウィン選手、トーヨータイヤUSAのロイ・ブロムフィールドCEOも登壇した。

トーヨータイヤのブースはそういったアメリカ製ピックアップトラックや競技仕様のSUVなど、日本国内ではあまり見られない車両を展示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
研究結果:Bitcoinを150ドルから1000ドルにつり上げたのはひとりの仕業だったらしい
アメリカ企業内で日本人は絶滅危惧種? 起業パワー都市(その6)
ミッドウェー・ガダルカナルに学ぶ戦略・構想の重要性――元自衛隊統合幕僚長が教える本質
しまむら、突然に深刻な売上減突入...「しまむららしさ」消失、しまパトの楽しみ奪う
「ビットコインは悪い結末をむかえる」? バフェット氏ら、再警告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加