【独占・宇宙人動画】体長50cmの「刀をもったエイリアン」が町田に出現! ウインクする瞬間を激写! 専門家「これは歴史的大事件」

【独占・宇宙人動画】体長50cmの「刀をもったエイリアン」が町田に出現! ウインクする瞬間を激写! 専門家「これは歴史的大事件」

  • TOCANA
  • 更新日:2017/12/07
No image

前回、トランプ大統領の来日時に皇居上空に出現したUFOの話題をお届けしたばかりである。トカナのイベントでもお馴染み、UFO研究家の竹本良氏とUFOコンタクティの俳優・庄司哲郎氏が、見事UFOの召還と撮影に成功したのだ。しかしその後、筆者は2人からさらに驚くべき知らせを受けた。なんと今度は「地球外生命体の撮影に成功した」というのだ。それも「洋服を着たグレイ型エイリアンの姿をハッキリ撮ることができた」らしい。何はともあれ、まずは提供された映像と写真をじっくり見てほしい。

パート1:エイリアン出現前、UFOが飛来していた 動画は「YouTube」より

パート2 動画は「YouTube」より

パート3 動画は「YouTube」より

パート4 動画は「YouTube」より

パート5:ついに! 未知との遭遇 動画は「YouTube」より

スローでもう一度 動画は「YouTube」より

洋服を着たグレイ型エイリアンがいた

――!! 小さく、白い肌を持ち、少し猫にも似ているが地球上のどんな生物とも異なる、あまりにも奇妙な生物が茂みから身を乗り出しているではないか! 黒い服をまとい、腰から日本刀を下げているようにも見える。いったいこの生物は、どこから、何のためにやって来たのか? 真実を探るため、筆者は再び2人のインタビューを敢行した。

No image

突然現れたスーちゃん

■空き地の茂みに突然現れた地球外生命体

――今回の映像を撮影された状況について教えてください。

No image

スーちゃんのそばに光の階段!

庄司哲郎氏(以下、庄司)  撮影日は11月19日の深夜2時ごろ、場所は東京都町田市の私の自宅周辺です。

その夜は新月でした。何となく「近くにUFOがいるな~」という気配がして、知人の磯部弘二さん(会社経営)と池田明男さん(プロテニスコーチ)にチャットで連絡しました。そして空を見ると、案の定UFOが5~6機ほど飛んでいまして、そのうち1機が青い光を放ったことを確認しました。

その後、飼い猫2匹がまるで外に何かいると訴えるように、しきりに窓を引っ掻いたり相談し合っていたので外に出てみたら、近くの空き地におそらく50cmくらいでしょうか(見えているのは上半身のみ。25cmくらい)、地球外生命体がいたんですよ。もっと寄ろうとしても結界のようなものがあって近づけず、映像は2m40cmほど離れた場所から撮影したものです。スマホの録画ボタンは押せましたが、なぜかフラッシュがなかなかつかず、一瞬だけついた時を見計らって撮影できました。しかしその後、録画ボタンが勝手に消えたと思ったら画面が突然明るくなり、強い風が吹いて、光の階段のようなものも出現して、気づいたら生物は姿を消していました。

■これは歴史的大事件だ!!

――この生命体は本当に地球外生命体なのでしょうか?

庄司  このような生命体に出会ったのは初めてのことですが、やはり地球外生命体だと思います。池田さんに映像をスーパースローモーションで解析してもらうと、頭部に6つの目があって、瞬きかウインクかはわかりませんが、目を開閉しているんです。しかも、瞬きのたびに目の大きさが変わっています。さらに一瞬、額のあたりが光っており、これはチャクラなのかもしれませんね。

No image

瞬きするスーちゃん

その後、磯部さんと池田さんと現場を検証したところ、茂みに20cmくらいの穴ができていました。光の階段らしきものが現れた場所には、それらしき痕跡はありません。私たちはこの生命体をスターピープルの「スーちゃん」と名づけることにしました。私は、オリオン座のリゲル系からやって来たのではないかと推測していますが……。

No image

かわいらしいスーちゃん

竹本良氏(以下、竹本)  すでに地球には57種の地球外生命体が訪れているとされていますが、「スーちゃん」はまったく見たことがないタイプです。黒い服に、刀のようなものを構えていますし、ウインクする地球外生命なんてお茶目ですよね。

いずれにしても、これは前代未聞の大事件ですから、「スーちゃん」がどこの惑星からやって来たのか見当もつかないというのが正直なところです。しかし、彼が茂みに隠れながらも宙に浮かんでいたと思われることから、その周りで結界のように感じられたものは、透明なUFOの壁だった可能性もあると思います。

スーちゃんと人類が出会った瞬間

■「スーちゃんが」姿を現した本当の理由

No image

庄司哲郎氏(撮影:深月ユリア)

――「スーちゃん」は人類にとって味方となる地球外生命体でしょうか、それとも敵なのでしょうか? 撮影してから体調や運気に何らかの変化が起きましたか?

庄司  撮影した時は、敵か味方かわからず、とにかく焦っていました。そして、猫たちが膀胱炎になってしまったんです……単に奇怪な生物を見てしまったストレス反応かもしれませんが、原因は不明です。しかも私まで、最近は力を使いすぎているからなのか、「スーちゃん」の波動が強すぎたのかわかりませんが、いま喘息が出ています。

――では、なぜ「スーちゃん」はこのタイミングで今、人類の前に姿を現したのでしょう?

竹本  それこそが、この事件で最も重要なポイントです。まず今回、わずか2分ほどの出来事でしたが、宇宙生命体の姿がこれほどクリアに捉えられたことは、日本のUFO史上初めてのことです。世界的に見ても、(政府レベルではなく)民間レベルで、宇宙生命体とこれほどオープンな形のコミュニケーションが図られた事例はほとんどありません。それほど歴史的な大事件なのです。

No image

スーちゃんの毅然とした表情

では、なぜ「スーちゃん」が“まるで自らの存在をアピールするように”姿を現したのか。それは、一触即発の状態にある北朝鮮情勢が関係しているはずです。これは私が長年主張してきたことでもありますが、「スーちゃん」は敢えて人類にその姿を見せることで、宇宙生命体の存在を人類に理解させようとしているのです。たった1人でも宇宙生命体が現れ、その存在を私たちが認めるならば、それは相対的に人類が“地球家族”であることを理解したからにほかなりません。つまり「スーちゃん」は、争いの絶えない人類がみな家族であるとともに、イデオロギーや宗教や哲学を乗り越えて一つになるべき時が来ていることを、私たちに教えてくれているのです。恐らく現在の北朝鮮情勢を憂慮し、並々ならぬ決意を持って姿を見せたに違いありません。この毅然とした表情がすべてを物語っています。

No image

平和のメッセージを届けるスーちゃん

――今後、「スーちゃん」についてさまざまな角度から分析を進め、世界にその存在をアピールする先頭に立つことになると思いますが、まずはどのようなアクションを?

No image

竹本良氏(撮影:深月ユリア)

竹本  これほどの歴史的大事件が日本で起きたのです。今後はまず、京都大学霊長類研究所や日本学術会議の要人たちにすべての資料を見せながら、ともに「スーちゃん」について研究を進めなければいけないと思っています。私たちは、もう開星ルネッサンスの時代に突入しているのですから。

いかがだろう。これまでの常識を覆す、不思議な姿の地球外生命体「スーちゃん」。彼が人類に伝えたかったことは、平和のメッセージにほかならない。争いの絶えない現在の国際情勢が、宇宙レベルで見ればいかに愚かで野蛮か――。私たちは、そのことを教えてくれる彼に感謝するとともに、彼の想いを深刻に受け止めなければならない。竹本氏らの続報に期待したい。
(取材・文=深月ユリア)

竹本良
UFO研究家、作家
UFO千夜一夜 - UFO研究家 竹本良 公式ブログサイト / まあじなる・ぼっくす ~ 科学と超科学の界面
http://marginalbox.com/ufo-senya

庄司哲郎
UFOコンタクティ、画家・俳優
http://www.geocities.jp/bjshoji_art/

深月ユリア
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血をひき、魔女占い師・魔女優・オカルトライター・ホラー映画プロデューサーとして国内外で活動。深月事務所代表、TR総合探偵事務所で心霊捜査担当。最新刊『あなたも霊視ができる本』(文芸社)大好評発売中!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
弘法筆を選ばず。仮想空間に即興でアリエルを描くディズニーのアニメーター、グレン・キーンさん
第75回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表!『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多7部門で候補に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加