「運転技能向上トレーニング・アプリ」をテレマティクス自動車保険契約者へ提供 あいおいニッセイ同和損保

「運転技能向上トレーニング・アプリ」をテレマティクス自動車保険契約者へ提供 あいおいニッセイ同和損保

  • レスポンス
  • 更新日:2020/01/26
No image

運転技能向上トレーニング・アプリ(画像はTV版)

もっと画像を見る
あいおいニッセイ同和損保は、東北大学加齢医学研究所および仙台放送と連携し、同社テレマティクス自動車保険契約者向けに、1月27日より「運転技能向上トレーニング・アプリ」の提供を開始する。

同社では、事故を起こさない契約者にも付加価値が提供できるよう、安全運転スコアに応じて保険料を割り引く「テレマティクス自動車保険」を推進。また、東北大学加齢医学研究所および仙台放送と連携し、「テレマティクス自動車保険×運転技能向上トレーニング」に関する協業取組を進めている。

今回、テレマティクス自動車保険加入者に対し、保険料割引というインセンティブに加え、運転技能を維持・向上するための「運転技能向上トレーニング・アプリ」を提供。従来のテレビ接続型ゲーム機を使用したサービスに加え、スマートフォンに対応させることで、より利用しやすい環境を提供する。

運転技能向上トレーニング・アプリは、脳トレゲームで有名な東北大学加齢医学研究所・川島隆太教授が監修した世界初の「運転技能向上トレーニング」をWebゲーム化。運転技能ゲーム3種類、脳トレゲーム3種類を収録する。同研究所は1日20分・6週間という短期間で自動車運転技能と認知力と活力が向上することを実証している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リモートワークが求められる時代、すぐに確保できるモバイル回線を考える
「携帯ラジオ」が災害時に心強い味方になってくれる理由とおすすめラジオ5選
買うならどっち?プロが12.9インチ「iPad Pro」と「Surface Pro X」、「iPad」と「Surface Go」の使用感を徹底検証
SpaceXが来月にも約279億円調達、企業価値4兆円に
iPhone/iPadのSafariで使える「長押し」10の便利テクニック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加