本田真凜 シニアデビュー戦で首位発進!衣装忘れるハプニングもノーミス演技

本田真凜 シニアデビュー戦で首位発進!衣装忘れるハプニングもノーミス演技

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックは15日、米ソルトレークシティーで女子ショートプログラム(SP)を行い、シニアデビュー戦の本田真凜(16=大阪・関大高)は66・90点で首位発進した。坂本花織(17=神戸ク)は56・82点で5位だった。

No image

女子SPで演技する本田真凜 (AP)

本田は慣れ親しんだ昨季の曲「スマイル」で、フリップ―トーループの連続3回転ジャンプを完ぺきに決めるなどノーミスでまとめた。2位だった3月の世界ジュニアで出した自己ベストに1・45点と迫る好スコアだった。

舞台裏はドタバタだった。本田は6分間練習が始まる15分前に衣装をホテルに忘れたことに気づいた。「めっちゃ焦りました」。関係者が急いで取りに行き、衣装が届いたのは3分前。そんなアクシデントを乗り越えてのトップ発進。「(高地の)体力面の不安も吹っ飛んで、いい演技ができました。初めてのシニアは本当に楽しかった。いろいろとよかった~」。初のシニアの舞台でも大物ぶりを発揮した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦 約3年ぶりの150点台...自己ベストからマイナス67点「もどかしい」
<フィギュア>羽生結弦がSP歴代最高得点を更新!中国のファン熱狂=「もはや帝王」「彼との結婚がまた遠のく...(泣)」
三原2位「ノーミスの舞依」はまたお預けに
伝説のバトン言葉を部屋に飾る/羽生とっておきメモ
三原、悔しさと収穫=オータム・フィギュア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加