平野、未成年の飲酒や大麻使用が発覚した日本スノボ界のイメージ回復に貢献

平野、未成年の飲酒や大麻使用が発覚した日本スノボ界のイメージ回復に貢献

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

平昌五輪第6日(14日、フェニックス・スノーパーク)スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢(19)=木下グループ=が95・25点で2大会連続の銀メダル。2006年トリノ、10年バンクーバー両五輪金メダルのショーン・ホワイト(31)=米国=が97・75点で2大会ぶりに金メダルに輝いた。片山来夢(22)=バートン=は87・00点で7位、戸塚優斗(16)=ヨネックス=は39・25点で11位だった。

平野はソチ五輪後も世界のトップ選手として活躍を続けた。今季はワールドカップ(W杯)で2勝し、1月に最高峰のプロ大会「冬季Xゲーム」で軸をずらしながら縦2回転、横4回転する「ダブルコーク1440(DC14)」の連続技を世界で初めて試合で成功させて優勝していた。

昨季、別の未成年選手の飲酒や大麻使用が発覚し、全日本スキー連盟がスノーボードの活動を休止した。ストイックに競技に打ち込む平野にも問い合わせが殺到。嫌気がさして携帯電話の連絡先を一度全て消去した。

HPの技はパイプの縁から5メートル以上の高さに達することもある。失敗すれば大けがに直結。平野も昨年3月、大会で転倒し左膝や肝臓を痛めた。けがの位置が数ミリずれていたら命を落とす恐れがあった。その後は3カ月のリハビリを強いられたが、6月から氷河での練習で1日6時間以上滑り込み、大技のDC14を習得した。2大会連続の銀メダルで、日本スノボ界のイメージ回復に貢献した。

No image

男子ハーフパイプ決勝2回目を滑る平野歩夢=フェニックス・スノーパーク(撮影・早坂洋祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
女性がお会計で「私も払います」と言った時に男性にされた最低行動3選
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
ドリカム中村 「ご挨拶」での不満の声受け謝罪「全ては私の至らなさ」
深田恭子「隣の家族は青く見える」の出産シーンであり得ない描写が
ディズニーでマナー違反のJK急増。インスタ映え写真に批判の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加