駅舎に飾られた南部風鈴の涼しい音色に耳を傾けながら日本酒を堪能しよう!鞍馬駅で「悠久の酒」が開催

駅舎に飾られた南部風鈴の涼しい音色に耳を傾けながら日本酒を堪能しよう!鞍馬駅で「悠久の酒」が開催

  • NOMOOO
  • 更新日:2017/09/15

叡山電鉄株式会社では、2017年9月23日(土・祝)に鞍馬駅で、京都と岩手の日本酒を楽しみながら涼しさを感じていただけるイベント「悠久の酒」を開催します。

昨年に引き続き2回目となる今回も、風鈴電車「悠久の風」号を「電車バー ちりんちりん」として開放。また、当日に限り、うちわ型1日乗車券「悠久の風きっぷ」をお買い求めいただいたお客さまには、会場でご利用いただける「100円引券」をプレゼントします。

叡山電鉄では9月30日(土)まで「悠久の風~南部風鈴によせて~」を開催し、多くのお客さまに鞍馬駅を訪れていただいておりますが、「悠久の酒」を通じて源義経ゆかりの地、京都と岩手の更なる魅力を感じていただければと思います。

「悠久の風~南部風鈴によせて~」参考

2013年から毎年夏に開催しているイベントで、牛若丸(源義経)が幼少期に鞍馬寺へ預けられて修行を積み、後に奥州平泉(岩手県)へと渡ったという縁から岩手県の南部風鈴を鞍馬駅のホームと待合室に飾り付けています。ほかにも、うちわ型1日乗車券「悠久の風きっぷ」の発売や、風鈴電車「悠久の風」号の運転など、夏の風物詩として沿線へ観光に来ていただくきっかけの一つになればと考えています。

「悠久の酒」の概要

詳しくはプレスリリースにて。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
ゲーム中「ご飯だよ」に激高 息子が父親刺し死亡
“パコリーヌ”山尾志桜里議員がスマホ内のメール・画像を全削除? 側近が「不正アクセスされる可能性」危惧か
消防士がアダルトビデオ出演、停職6か月の懲戒処分
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加