最新ランキングをチェックしよう
昼寝を多くする子供たちは、幸福度や学力が高く問題行動が少ないという研究結果(米研究)

昼寝を多くする子供たちは、幸福度や学力が高く問題行動が少ないという研究結果(米研究)

  • カラパイア
  • 更新日:2019/06/07

Pilin_Petunyia/iStock 「寝る子は育つ」と言われるように、子供にとって睡眠は心身の成長に大切なもの。夜に足りない睡眠を補うために昼寝を推奨する専門家もいる。
 実際に昼寝は子供にメリットをもたらすようで、今回、アメリカの研究チームが小学生を対象とした調査を行ったところ、昼寝をする子供ほど幸福度や学力が高く、行動面においても問題が少ないという結果が報告された。
【他の記事を見る】

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
駅のホームで並んでいたら... 「背後にいた女性の言葉」に怒りを覚えた
浮気を詰問する城島茂に否定せず言い返す菊池梨沙...こんな2人の結婚がうまくいくはずがない!?
華やかな女性皇族 眞子さま、佳子さま初の十二単
なぜ妻は「うちの夫、ポンコツ」と感じるのか?目からウロコの夫婦論
元ユニクロ店員が嘆く、試着マナーが悪い客。よく盗まれる商品は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加