高梨沙羅 瞬間最高深夜の“最長不倒”28・5% メダルラッシュに湧いた視聴率

高梨沙羅 瞬間最高深夜の“最長不倒”28・5% メダルラッシュに湧いた視聴率

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/15
No image

高梨沙羅

平昌五輪で日本人選手のメダルラッシュに沸いた12日夜のテレビ中継が、いずれも高視聴率を記録したことが13日、分かった。

高梨沙羅選手(21)が銅メダルを獲得したジャンプ女子(NHK)は平均24・8%(瞬間最高28・5%=午後11時47分)。高木美帆選手(23)が銀メダルを獲得したスピードスケート女子1500メートル(テレビ東京)は平均13・0%(最高19・8%=午後10時41分)をマーク。3連休最終日の日付が変わる直前まで激戦が続いたが、注目度の高さを示す数字となった。

また9日の開会式(NHK)は平均28・5%(最高37・1%)。葛西紀明選手(45)が出場した10日のジャンプ男子(NHK)は平均20・7%(最高24・7%)だった。

(数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦選手の“心を支えた曲”ベスト3! 1位はあのアニメの曲
またも衣装はだけ、フランス組あわやのアクシデント
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
ミタパン、羽生の神対応を明かす 「疲れたよ~」とこぼすもカメラ回ると...
羽生結弦の「ある行動」に称賛続々! ファンが感動した「心遣い」とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加