フィギュア・友野、国際大会ほろ苦デビュー 8位発進に「雰囲気違う」

フィギュア・友野、国際大会ほろ苦デビュー 8位発進に「雰囲気違う」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

演技する友野一希

「フィギュアスケート・USインターナショナル」(15日、米・ソルトレークシティ)

男子ショートプログラム(SP)が行われ、シニア1年目で国際大会デビュー戦となる友野一希(19)=同大=は69・88点で8位だった。首位は91・80点のネーサン・チェン(米国)。

黒のパンツに青の衣装で登場した友野。冒頭の4回転サルコーはなんとか着氷したが、続くトリプルアクセル(3回転半)も着氷が乱れ、流れに乗りきれなかった。

滑走順は多種類の4回転ジャンプを操るネーサンの直後。「6分間練習から雰囲気違うなと思っていた」と独特の空気感を体感した様子だ。「課題の4回転はなんとか着氷できたけど、そのほかスピンとか、もったいない部分があった」と悔しそうに話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生、今季初戦のモントリオールへ到着
羽生結弦、“伝説の演技”を初解説!世界初披露となる新演技の完全速報も
衣装の飾りを落とすと減点? 意外と知らないフィギュアスケートのルール
舞依、長時間フライトも体調万全「ずっと眠っていました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加