バンコクの象徴たるリュクスなホテル 「マンダリン オリエンタル」が大改装

バンコクの象徴たるリュクスなホテル 「マンダリン オリエンタル」が大改装

  • CREA WEB
  • 更新日:2017/08/11

2つのウィングが全面リニューアル

No image

ガーデン・ウィングの「ガーデン・ルーム」。チャオプラヤ川の眺めが大きな窓からワイドに広がります。

贅を極めたホテルがひしめくバンコクにあっても、格の違いを感じる、マンダリン オリエンタル バンコク。名立たる文豪たちが定宿として選び、時代を問わず、セレブリティから愛されている。チャオプラヤ川に面した館内に一歩踏み入れば、その気高いオーラに包まれ、背筋がすっと伸びてしまうほど。

No image

白とセラドングリーンの上品な色使いの、オーサーズ・ウィングと、ガーデン・ウィング。

前身のオリエンタル ホテルが誕生してから140周年を迎えたことを機に、2016年、オーサーズ&ガーデン・ウィングのリニューアルを敢行。土台を残した以外は、天井も取っ払った全面改装となった。

No image

アフタヌーンティーが人気の、オーサーズ・ラウンジ。こちらも色調が明るく変わった。

一番のオドロキはオーサーズ・ウィングの2階(有名な「オーサーズ・ラウンジ」の上階)にあった「オーサーズ・スイート」の仕切りを取り除き、「グランド・ロイヤル・スイート」という一間に再構成したこと。広さ600平方メートルはバンコクのプレジデンシャルスイートのクラスで最大面積を誇る。

No image

「グランド・ロイヤル・スイート」の核となる、「ロイヤル・スイート」のリビング。

No image

「ロイヤル・スイート」のベッドルーム。この部屋の裏に、ちょっとしたワンルームマンション級の広いバスルームが。

具体的には1ベッドルームの「ロイヤル・スイート」(315平方メートル)+2ベッドルームの「アンバサダー・スイート」(165平方メートル)が合体し、さらに家族や側近向けのゲストルーム3室からなっている。ちなみに、「ロイヤル・スイート」と「アンバサダー・スイート」を、別々に利用することも可能だ。

No image

「アンバサダー・スイート」のサンルーム。

マンダリン オリエンタル バンコクの頂点となる、この「グランド・ロイヤル・スイート」は、まさに世界中からえりすぐられた逸品を取り揃えた、夢のような空間。

応接間やミーティングルーム、ガラス張りのサンルーム、フル装備のキッチン、マシーンジム、ウォークインクローゼット、パウダールームなど、あらゆるスペースがあり、迷子になってしまいそう。チャオプラヤ川を望むオープンバルコニーが復活したのも、注目したいポイントだ。

リモワとコラボした宿泊プランも登場

No image

4名の文豪の名前を冠した4カ所の「オーサーズ・ラウンジ」。

ゆかりの文豪たちの名前を冠したスイートルームはなくなったものの、1階の4カ所のラウンジに、ジョセフ・コンラッド、サマセット・モーム、ノエル・カワード、ジェームス・ミッチェナー、それぞれの名が残された。新たにラウンジからガーデンへと抜けるエリアも光がたっぷり降り注ぐようなデザインに。

No image

メゾネットスタイルの「ガーデン・スイート」。こちらはバスタブあり。

オーサーズ・ウィングの背後にそびえるガーデン・ウィングのゲストルームも、大胆リニューアル。各フロアのコーナールームを「ガーデン・ルーム」、それ以外の客室を上位カテゴリーの「ガーデン・スイート」に。

No image

「ガーデン・スイート」のゆったりとしたリビング。

ガーデン・ウィングは全室メゾネットタイプで、天井が高い分、開放感がある。床から天井までの大きな窓からは、チャオプラヤ川の眺めが広がり、ベッドサイドの操作パネルで開閉はオートマティック。このパネルにはバトラーを呼ぶボタンもあり、テレビは自分のデバイスとつなぐ(AirDrop)ことができるなど、利便性がグンとアップ。そして、すべての部屋で名高いバトラーサービスが受けられるメリットは、変わりない。

ちなみに、リモワとコラボした、限定プレミア スーツケースをプレゼントする宿泊プラン「リモワ&マンダリン オリエンタル140周年記念」が登場。

「ガーデン・スイート」ならばサイズ73(容量85L)、「ガーデン・ルーム」ならばサイズ53(容量35L)のスーツケースを、2連泊以上の滞在1回につき、1室1個プレゼント! シルバー・アルミニウムのハードケースで、内側はカモフラ柄のタイシルクを貼った豪華版だ。

No image

ビューティートリートメントが受けられる、ガーデン・ウィングに新設されたスパ・スタジオ。

また、対岸の「オリエンタル・スパ」に加え、ガーデン・ウィングにスパ・スタジオを4室導入。バンコク初のバスティアン・ゴンザレスのマニキュア&ペディキュアなどのビューティートリートメントと、クィックマッサージのメニューを用意。

No image

光と緑に満ちた、メイン・ビルディングのロビーラウンジ。

よりラグジュアリーな要素を極めて、快適性も重視した新生マンダリン オリエンタル バンコク、もちろん伝統あるエレガンスはきちんと受け継がれている。

Mandarin Oriental Bangkok
(マンダリン オリエンタル バンコク)
所在地 48 Oriental Avenue, Bangkok 10500
電話番号 02-659-9000
http://www.mandarinoriental.co.jp/bangkok/

【日本での予約・問い合わせ先】
マンダリン オリエンタル ホテル グループ 日本リザベーションオフィス
フリーダイヤル 0120-663-230 または 00531-650-487

文・撮影=古関千恵子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」
顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?
【正解でええやろ!】子供がテストでバツをもらった回答がハイスペック過ぎてむしろスゲェ!
「後ろの座席から女性の足が見えているんだけど...どうすべき?」飛行機で遭遇した珍事
お酒を飲むのをやめると体に生じる7つの利点

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加