【フェブラリーS】ノンコ完全復活へ!内田「気迫出てきた」

【フェブラリーS】ノンコ完全復活へ!内田「気迫出てきた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

【G1ドキュメント=14日】前走・根岸Sで2年2カ月ぶりの勝利を挙げたノンコノユメ。15年の武蔵野S以降、長らくスランプから抜け出せずにいたが、目の覚めるような末脚をサク裂させ“らしさ”全開。雪の影響で時計の出やすい重馬場だったとはいえ、1分21秒5のコースレコードは立派。完全復活ならば、メンバーがそろったフェブラリーSでも好勝負可能、と村松はワクワクしながらWコースでの最終追いを見守った。

No image

内田を背に追い切るノンコノユメ

引き続きコンビを組む内田を背に前2頭を目標とする形で追走をスタートさせたが、実質は単走。ダート馬にしてはスラリとした体形のノンコ。素軽いフットワークを繰り出して、気持ち良さそうに6F84秒4~ラスト1F13秒7(馬なり)。ノンコから下りた内田が、にこやかな表情で加藤征師と談笑している。直後に共同会見に臨んだトレーナーが「今回のテーマは体調を維持すること。引き続きいい状態を保っている」と話せば、内田は「前走と比べると(前の馬を)追走する気迫が出てきた」と精神面での充実をアピール。この感触ならば、さらなる上積みが期待できそうだ。

会見を終えた内田に競馬番組の女性リポーターが駆け寄り、小さな紙袋を手渡した。ようやく、この日がバレンタインデーだと気付いた村松。「どうもありがとう。ホワイトデー…、いや、今週結果で返したいよね」と力強く健闘を誓った内田。チョコをも溶かす熱戦に胸が高鳴った村松だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
彼氏と寝る時は「ノーブラ」が喜ばれる!? その理由とは...
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
2043年生まれの未来人、第三次世界大戦が始まると警告!その発端は・・・
辺見えみり&松田賢二、離婚を発表
間違ったひとりHはセックスでイケなくなるって本当?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加