(中国)上海総合指数は0.33%安でスタート、指標発表前のポジション調整売りが優勢

(中国)上海総合指数は0.33%安でスタート、指標発表前のポジション調整売りが優勢

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30
No image

株式会社フィスコ

30日の上海総合指数は売り先行。前日比0.33%安の3272.14ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.20%安の3276.32ptで推移している。最近の上昇で足元では高値警戒感が強まっているほか、あす12月1日の経済指標の発表を前に、ポジション調整の売りが優勢になっている。また、元安進行懸念も足かせになっている。

<ZN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「在宅勤務はちょっと時期尚早...」などとお考えの日本企業の皆様へ
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
ろうそく灯を再現、「ゆらぎ機能」搭載オレンジLED提灯
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加