最新ランキングをチェックしよう
(中国)上海総合指数は0.33%安でスタート、指標発表前のポジション調整売りが優勢

(中国)上海総合指数は0.33%安でスタート、指標発表前のポジション調整売りが優勢

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30

株式会社フィスコ
30日の上海総合指数は売り先行。前日比0.33%安の3272.14ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.20%安の3276.32ptで推移している。最近の上昇で足元では高値警戒感が強まっているほか、あす12月1日の経済指標の発表を前に、ポジション調整の売りが優勢になっている。また、元安進行懸念も足かせになっている。
<ZN>

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
人事が直面する、改正労働契約法「2018年問題」 雇用環境はこう変わる
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
デジカメ底打ち感、出荷額11カ月連続増 高級機種投入でスマホと差別化
【報ステ】三菱マテリアル子会社...データ改ざん出荷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加